Twitter

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

5歳児の要領のよさ

sbday.jpg
先日、次男5歳の幼稚園へ『世界の味祭り』のお母さんボランティアとして出かけていったのだがあれ?

なぜか10月生まれの子しか前に出られないのに、2月生まれの次男がお友達とうれしそうに前に出てみんなにお誕生日の歌を歌われおめでとうと言われて、ろうそくを消している役にまわっている。

あれ?

私あの子、10月に産んだっけ?


とふと教室の後ろのみんなの誕生日コーナーを見てみると次男が10月9日生まれになっている。本当は2月9日なのに。


ということで次男は10月のお誕生日になりきってろうそくを消したり、みんなから大きなパーツのケーキをいただいたりして喜んでいた。教室のお誕生会だからプレゼントこそないものの、3人の主役うちの一人になっているのだ。


一連の光景をあきれ顔で見ていた私だが、ふとわれに帰り、ツカツカと先生へ。


「あの、先生。ここだけの話でひとつ告白しなければならないことがあるんですが・・・」

「何なのよ?言ってみなさいよ」

「私の記憶が正しければ、あの子の誕生日は2月なんですが」

「コワ??」

と、大笑い。


書類をよくよく調べるとミスタイプしたらしく、私が提出した書類と、学校での書類が間違っていた。

ま、こういうこともあるのがフランスの幼稚園と笑っていればいいのだろうか。

先生は

「また、2月も祝ってあげるから良かった良かった。お誕生日飛ばされるよりいいわよね」



とにかく、お誕生日席に着席し、お誕生日気分を味わうのが大好きな息子であるからして、先生の間違いをそのまま飲み込み、とりあえず、呼ばれれば、皆の前でもったいなぶってろうそくを消したいという楽しみをちゃんとやり遂げた息子はすごいなと思うが。

すこし心配な母である。

いや、こうやって要領よく生きていくほうが人生は楽しいのかもしれないな。



スポンサーサイト

2010-10-25(Mon) 08:35| Etre Maman(親バカ)| トラックバック 0| コメント 3

商品価値

父の誕生日が近いので

「おじいちゃんに何か送らないとね。何が良いかなぁ」

と子供二人に相談したら、

「これが良い」

とベネッセでもらった計算マシーンを持ってきた。

「なんで?」と聞くと

「僕が大事に使ってるから」

あそっか。いいとこあるやん。でもおじいちゃん、そろばんもってはるし、あんたらよりかは少なくとも計算力ずっとある。

とあきらめさせたら次は

「はいこれ」

と自分たちが写ってる大判の最近の写真を持ってきた。

「うわ。これやったら喜ばはるわ。あんたら良いアイディアありがとう」

いやまてよ。

子供って自分たちの商品価値というものを知っているのだね。

自分たちの写真をおじいちゃんにあげると喜ぶ。。など。

私が小さい頃は考えたこともなかったが。少子化時代の子供はずるい。

見習おうと思いました。






2010-05-07(Fri) 21:56| Etre Maman(親バカ)| トラックバック 0| コメント 5

グリーンピースも温暖化も無視

Planet Earth: Complete Collection (4pc) (Gift) [HD DVD] [Import]Planet Earth: Complete Collection (4pc) (Gift) [HD DVD] [Import]
(2007/04/24)
David AttenboroughSigourney Weaver

商品詳細を見る



こっちのアマゾンで珍しく安かった(いつもこれかよ)のでこのDVD買ってみたのですが、昔見ていた「野生の世界」のBBC版。うちはブルーレイがないからDVDだけど。ええわぁ。ディズニーが一枚噛んでる?だけあり、グリンピースも温暖化もさほど話題には出ず、とにかくきれい。こういう映像って最近は、アルゴアが出てきたり、グリンピースが出てきたり、自虐を植え付けられて、現実味させられたりするんだけど、ペンギンさん、寒いのにがんばってる。夢がありまーす。まだペンギンさんしか見てないのですが、圧倒圧倒!アニメ慣れした子供たちも吸い込まれているようです。

調子に乗って「wataridori」と「皇帝ペンギン」も買ってみたので到着が楽しみ。


2009-09-30(Wed) 21:06| Etre Maman(親バカ)| トラックバック 0| コメント 0

ネズミの歯

本日、次男君の下の歯が幼稚園で抜けて

お迎えに行ったときに、先生がティッシュに包んだ乳歯をわたしてくれた。

(この先生本当に丁寧)

「ちいちゃいネズミが持って行ってくれるわよ」

って言うんだが、「あ~そか。この国でもネズミなのか」とふと思って、Wikiを調べると

なるほど、この国では、乳歯を枕の下において子供を寝させて、夜のうちに、小銭と代えておくそうです・・・

http://fr.wikipedia.org/wiki/Petite_souris

元の話は、ネズミに姿を変えた妖精が、悪い王様の枕の下に隠れて、その王様の歯や目もかじってしまう?ええ?

で、日本の先生のブログの方がwikiより詳しいのですが。。

http://blog.apagard.com/sawaki.php?itemid=767

ネズミの歯ってやっぱり世界的に有名なのね。

ではWikiから、各国の乳歯の捨て方?おまじないのしかた。仏語圏

トーゴ・・我が実家と同じく屋根に投げる。上を向いてても口は開けてはいけない。

モロッコ・アルジェリア・・太陽に背を向け、「ガゼルの歯」「ロバの歯」に代えてくださいとアッラーにお願いするらしい。

おひらはひとり、「上歯下向け、下歯上向け、ネズミの歯と代えてくれ」と日本語で叫び、

アパートの窓から歯を投げておりました。次男~。成長したなー。まだ5歳もなってないのに。



2009-09-25(Fri) 23:03| Etre Maman(親バカ)| トラックバック 0| コメント 2

海の近くにすみたい

chile_econ_1972.jpg

この夏はやたら海に通って、子供と私はみごとに「くろんぼ」(死語もしくは、禁止用語)

さて、新学期も始まり、疲れて帰ってくる子供たち。

台所兼毎日の食卓に貼ってある世界地図が大好きな長男(日本では年長、こっちで小一)がつくづくと言う、

「ママ、チリにすみたいなぁ」

「なんで」

「チリやったら、どこに家建てても、海見えるし。毎日泳ぎにいける」

「ほんまやなぁ、ぜーんぶ、海のまんまえやな」

結構笑わせてくれた。おおきに。


2009-09-08(Tue) 20:44| Etre Maman(親バカ)| トラックバック 0| コメント 4

プロフィール

天真爛漫子

Author:天真爛漫子
セザンヌの街、Aix en Provenceの旧市街が大好きなスイーツ脳の子育て主婦。最近は細々と仕事気味。

『マルセイユ&エックスのおされスポット』『グルメ』『チョコレート』『音楽イベント』『ムスリム』『移民』『iphone』『アフリカの仏語圏』『ワイン』『ヨガ』『食べていくだけの小商い』『毎日の食事』『ヨーロッパのイスラム』『男子の子育て』など興味あり。Twitterはkonaritsでおります。Follow-meです。

職歴としてワインアドバイザー&ときどきヘリコプター関連通訳。京都時代は大阪税関でも取り調べ現場通訳経験あり。守備範囲はワインからヘリコプターまで。こちらのこちらのプロバンス地方のお店やレストランの紹介もこれからやっていきます。よろしくお願いいたします。

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。