Twitter

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

日暮れの夢

子供に、(を)、そそのかされ(そそのかし)Aixにいたときからずっと指をくわえて眺めてた大阪の弁天町の交通科学博物館へお弁当を持ってICOCA?!してきました。

(写真はまたあとで・・)

じゃじゃーん。

すごい。やるなJR西日本!

思ってたよりもほんとうに充実した展示物があり楽しめました。我が家の鉄男のつきあいでこの手の博物館で今冬に行った、パリのBougetの航空博物館よりも活気がありメンテナンスが行き届いてるんじゃないかな。ただ、フランスの場合は、なぜか美術館や博物館はコンフェランスにかなり力を入れているのに対し、日本のはそれほどでもないのが私のイメージですが。(つまり、多くの場合、展示物などに関するプロを呼んできてレクチャーをし、討論会を聞いたりすることができるのです。)

大阪に博物館?なんて馬鹿にしている京都市民の皆さん、ここは足を運ぶ価値があります。ええたとえ鉄子鉄男じゃなくてもです。ここは子供に媚びない国鉄魂が残ってました。あの国鉄です。JRじゃありません。


私が一番興味深かったのは、もうすでに計画頓挫?え?最近話聞かないなぁ。のJRリニア・マグレブ(しかもなんて名前なの!日暮れて、計画ももしかしてそのまま闇の中?)の模型が微妙に埃をかぶった姿で出迎えてくれます。

リニアって見たこともなかったのですが、意外と頭の部分はちいさいのね。このリニアマグレブWikiのページに書かれているように、実現化はほんとに難しいねん。ありえへんかもしれんねん。あの、埃のかぶり具合でなんとなくわかってたけど、涙でたわ。まるで夢物語の核融合やん。あんたも、おなじやん!孫がやってくれるさ。金丸さん。もう。。。中島みゆきの「地上の星」がうるうる回転数遅れでかかってましたがな。

ま、なことはさておき。

ロケットエンジンって言うちんけーなものも見せていただいたし(偉大なのだがすごいちんけ)カワサキのバイクじゃなくて、小型飛行機も見せていただいたり、入場料400円で雨の日ですが子供以上にはしゃいでたのはこのあたし。

ほんとに、鉄男な♂♂息子をもったおかげで博物館見る目が変わりました。ありがとよ。

スポンサーサイト

2008-06-28(Sat) 17:07| Sorties(遊山)| トラックバック 0| コメント 3

1ユーロ167円だしねぇ

楽天トラベルの英語サイトができたらしい(家人談)

すごいー。

ジョルダンの乗り換え案内も英語でできるんだー。

すごいー。1ユーロ167円だしねぇ。

ユーロがこれだけ強いのに100円ショップでおみやげ買ってるヨーロッパ人を見たら、こついてやりましょう。あ、あなただったの。ごめんー。



2008-06-26(Thu) 16:05| Reveil(日々覚醒)| トラックバック 0| コメント 3

ドンピンしゃんちゃいまっせ~

不可解な飲みものとは。。

ドンピン、いや、ドンペリピンクのこと。

先日このシャンパーニュの日本の輸入代理店のセールスマンとお話する機会があって、無駄話、立ち話をしてたのだが、日本でこの種のお酒が売れている場所というのは、高級なフレンチレストランでもなんでもない、ホストクラブだそうだ。

そいえば、昔、バブルの頃はヘネシーを一番空けてたのは北新地とは聞いてはいたが。

なるほど~。

納得。女性が男性をサービスをするお店の10倍は出るらしい。

男が女にお金を引き出させるためになんでもよかったのだろうけど、『ピンク』というキーワードに引っかかったのがこのシャンパーニュだったのかもしれない。シャンパーニュの中にも勿論女性受けするエチケットのナショナルブランド(あえて言う、いわゆるグランドマーク)は多数あるがなぜかこの銘柄が選ばれた。なぜだろう?ドンペリというのがキムタク、ヤマタク同様語感の琴線に触れたのか。

私はロゼをピンクと言い換えるところに妙な抵抗を感じてしまうフランス語ひいき女(決してフランス人ひいきではありません)なのでどうでもいいんだけど。20年ほど前に蔵を見に行ったとき、あの天下のドンペリが職人の手で回してなかったんで(デゴルジュマンの時ね。大型パレットで回してた)あの時から、この蔵への不信感はあったんだけど。ま、今から考えれば、手で回すから偉いんじゃなくて、手で回しても、機械で回しても、バックのお金がしっかりしてて、自社畑を持って、しかも日本のホストクラブに愛されないと意味はないのだ。

愛されるあなたがうらやましい。

シャネルスーツは60歳から、ドンペリピンクは20歳から。



2008-06-26(Thu) 15:08| Reveil(日々覚醒)| トラックバック 0| コメント 6

世界に誇ろう日本の図書館

Aix市の年会費15ユーロの市立図書館はそれはそれで良いんだけど、京都市の無料市立図書館は素晴らしい。

なんとインターネットの予約が10冊までOK!

って幸せすぎます。Aixはせこくて2冊までしかできない。これって人気DVDとかドツボにはまると数十人待ちで機能しないんですけど。

そして、休日夜間返却ポストまである。

日々、興味深げなキーワードを入れては保育園の帰りに寄れる日は寄って帰ってくるあたし。

めちゃ幸せ。流し読みできる本がいっぱい。絵本もいっぱい。

日本語いっぱいの喜び~。(古いけど、ゴリ風)


2008-06-23(Mon) 14:08| Les Petits bonheurs (小市民的幸福)| トラックバック 0| コメント 2

駐車場学

渋滞学があるのなら、是非とも駐車場学っていうのもどなたかブツリかなんかの先生に展開してほしいと思ってるんですけど・・

特に京都だけかもしれないけどなぜか私の生活圏内の駐車場ってどうもこうも狭いし当たりかける。で、しかもなぜか他の車は突っ込んで入れない。皆おしりから入れる。芸術的とさえ思うのですが。おしり入れの美しさには感動してしまいます。つまり入れるときは時間が掛かるけど、出るときはすっとでられる。

このMの精神。履き物はちゃんとならべましょうという幼い頃の刷り込みによる。(参照・旅館の入り口のスリッパ)


あと、パーキングの支払い時期について、私が知ってる限りフランスでは車に乗ってからではなく、車に乗る前に精算機があり、そこで精算をし(15分ぐらい余裕がある)精算券を出口で渡す方式なのですが、日本のはご存じの通り、出口でお金を払って下さい。はてどちらが便利か?時間が節約できるか?・・考えてしまいますが。



どうなんだろう。

ま、どっちもどっちだけど。京都の街中の100円パーク。(そいえば実家も最近やりだした)増えて、便利になったことは認めるが、決して美しいとはいえない。あの鉄板。中国に売りたいとおもう蟹工船若人がいてもおかしくないと思う。






2008-06-20(Fri) 14:51| Reveil(日々覚醒)| トラックバック 0| コメント 7

DS檸檬

またもやDS文庫。今日は京都だし『檸檬』。

短編小説なので急行の一駅で読めてしまった。

最初のページから一貫する熱っぽさ病気っぽさが息苦しい本。
早く終わらせたいひとりの昼食のごとく読み切る。

病気で貧乏なのに、丸善を愛するところがなんか痛々しい。

それってあたしやん。

病気じゃないけどパート主婦は貧乏同項。。。丸善は。。小学校の時、お兄ちゃんがファーストメガネを買って貰ってた。うらやましかった。




2008-06-19(Thu) 12:27| Preview(媒体見聞)| トラックバック 0| コメント 1

DS蟹工船

またもやDS全集で今はやり?の『蟹工船』を読んでみた。

(DS全集は青空文庫のうつしなので、どうぞ興味があればお読み下さい)

2008年の日本と通じる?ってよく雑誌のタイトルに書いてあるけど、ここまで現代は酷いとは思わない私は考えが甘いのでしょうか?この船内の臭いはファブリーズが許さないっ!おしっこうんこ精液のやなにおいがプンプンするこの船内の話にもうアタシは、特級席の隣に座ったおやじのワキガなんかかわいくおもえてくるもんね。

ま、いまの蟹工船たちは、プロレタリアなんか叫ばずに、冷房の効いたネットカフェで寝てたりして、ゲームにお金を使い、最新機種の携帯でピコピコして、たまに、コンビニで万引きぐらいでもしてるんだろうと思う。

これだけ情報や物資が行き交う現代、資本家労働者の区別ほど単純な物じゃ無さそうだし。

わかんないけど。

ま。DS文庫活躍しています。






2008-06-16(Mon) 15:14| Preview(媒体見聞)| トラックバック 0| コメント 1

補助輪なしで乗れました

これは単なる備忘録。

2008年6月15日日曜日、仁和寺の境内にて長男、自転車補助輪なしで走行可能を実現。

4歳と7ヶ月。おむつがとれて約2年後かな。

ひらがな書けないけど、自転車は乗れる。

次は次男の補助輪取りを待てば家族でサイクリングも夢じゃない。

あ、そうそう子パパが自転車乗れない男だって事を忘れてた・・・

自転車に乗れかった時代がもう思い出せない私は、自転車に乗れない大人には冷たいのです。



2008-06-16(Mon) 14:38| Etre Maman(親バカ)| トラックバック 0| コメント 0

お役御免

昨日から保育園へプーちゃんを持って行かないという。

いつものように鞄に入れようとすると、

「かっこわるいし入れんといて」

という。おませな女子に何か言われたのか・・・心境の変化?

このプーちゃんを何度か家に忘れて2往復した日々、逆に保育園に置き忘れて夜中に守衛さんをたたき起こして取りに行った日々を思い出す。

そろそろおませな女の子もクラスに登場。彼の本格的な学園生活が始まったところです。


2008-06-13(Fri) 07:14| Etre Maman(親バカ)| トラックバック 0| コメント 6

ボヘ婆

先日ボヘミアン婆がご来日という話、まだいらっしゃいます。

いやー参った。あまりにもスノッブすぎる婆さんで京都に2週間滞在してるのに、清水寺も金閣寺も未だ行ってない。というか興味がないらしい。室生寺の彫刻の森に感動し、大徳寺高桐院、(ここは意見があった)にはまられ、毎日「静寂の濃さ」を観に行ってらっしゃる。あとは苔寺の流れ岩を拝観予定。修学院離宮、桂離宮は?というと、「清水寺と同じにおいがする、興味がない」って。

82歳。

パリ在の息子から「ママを宜しく」と家人経由で伝言もあり。
死ぬまでにやっぱり清水連れてってあげたいような・・おせっかいなアタシ。









2008-06-12(Thu) 19:23| 未分類| トラックバック 0| コメント 3

エコうざい?

突然ですが、最近エコエコってすごいですね。

この変わりっぷりに感動してます。

百貨店は未だ行ってないのですが、あの過剰包装が懐かしいぐらいなんですけど。
どこでももうレジ袋はくれないし、テレビを付ければエコエコ、車の宣伝もすべて低燃費賞賛。町を走る車はKが中心。そいえばテレビにパソコンのCMが消えてるし。何かとエコエコってまぁ、洞爺湖の会議もエコ会議?マジ?でもあの警備とヘリを使うんだったらエコっていわんで。燃費ごっつー悪いやん。

とにかく思ったのは戦後60年の間、ぴかぴかのまぶしかった米国型の大量消費だのそういう生活を強いられてきた日本とはいえ、一度『エコだ~』と号令をかければ翌日からすぐ粗食に戻れるこのDNA!えらい!3代続けば元の姿に戻れなかったこの現象を良く2代目で切り上げ。なんなんだこれは!とふと教育の重要さを見るのでした。

たとえば大徳寺保育園にて。子供達のお昼寝用のおふとんを毎週家に持って帰らなければならないのですが、先日モダン柄の風呂敷包んで持ってきているお若い父兄を見つけ、感動!やるなおぬし!これが粋なのじゃ。風呂敷じゃ。禅じゃ、ネオジャパンじゃ。

正直、バブル青春時代を送った私達の年代からすると、ソニーがワーナーを買った話とか、紅白小林幸子な無意味な電飾の色がちょっと懐かしい気分なんだけど。いや、あの時代を経た私達だからこそエコが新鮮なのかも。

エコが飽きられたがまた怖いような。

ま。いっか。





2008-06-12(Thu) 18:58| Reveil(日々覚醒)| トラックバック 0| コメント 1

日本のキャベツに涙する

今日はひとりごと。

ああ。日本のキャベツは生で食べられるなんて美味しいんでしょう。青じそ入りのぽんずだとか市販のソースを掛けてもキャベツの甘みが。。。そして、ちりめんじゃこのまぁ香ばしいこと。誰ですか?魚の目がグロテスクだなんて?しろご飯で何倍もいけるわ。お茄子も小さいけど、白みそと卵黄と砂糖でこってり作ったクリーム状の田楽をあわせて。イチゴもなんでこんな綺麗に入ってるの?キロ売りで適当に入っているバスケットとは大違い。ああ。日本の夏だわ。夏。

そしてまぁ、街中のパン屋さんの菓子パンの芸術的なこと!レジのお姉さんはみんな綺麗だし。ふわふわホイップ入りの抹茶メロンパン?だの誰が考えたのでしょうか。食パンもしっとしと。トーストあぶって、ああ、太るのも忘れてぱっくん。

てなことで京都は野菜と菓子パンが美味しいです。




2008-06-11(Wed) 08:02| Les Petits bonheurs (小市民的幸福)| トラックバック 0| コメント 6

年々にわが悲しみは深くしていよよ華やぐいのちなりけり

最近電車を利用していることもあり、まだまだ読破していなかったDS全集の岡本かの子『老妓抄』を読みました。

主人公の老妓の大げさな話しぶりや粋がって見せる言動に、同性であるかの子はなんとも哀しさを滲ませ描いているところがニクイ短編小説。

最後に主人公に詠わせる

『年々にわが悲しみは深くして、いよよ華やぐいのちなりけり』

これがDSの構造上、上句と下句が別のページになっているので何度も何度も読んでしまった私・・・

そいえば、先日新聞で見た広告、桐野夏生の新作が刷られたらしい。図書館派の私だがこの人だけは別。。。


2008-06-09(Mon) 15:19| Preview(媒体見聞)| トラックバック 0| コメント 2

園生活開始

やっとこちらで子供達の園生活が始まった。

縦割り教育とかなんとかで、年中年少の長男次男が同じクラス。

フランスの幼稚園と違いのびのびしてるのは確か・・・・・・勉強はしている様子もないが、なぜか日本の幼稚園児はピアニカを弾けたりお習字を書けたりする。

ま。これからよろしくお願いします。>先生、おともだち


2008-06-06(Fri) 01:24| Etre Maman(親バカ)| トラックバック 0| コメント 3

他人事でない

他人事ではないのでこちらの裁判結果には少しうれしくなった・・

ただ、このボケな裁判官は辞めさせた方がいいと思う。

>家族生活や親子関係に関する国民一般の意識に大きな変化があったかは具体的に明らかでなく、家族の生活状況に顕著な変化があるとも思われないし


裁判官ってまじで本も新聞も読まないのかも。どこか裁判官ゲットーの中で住んでいるのかも。いやもしかしたら北朝鮮か。

この人の名前覚えておいて、次の選挙で罷免投票を呼びかけてもいいんじゃないかと久々にまじめに考えてしまいましたよ。この結果に多少の日本の出生率は上がると思います。




http://mainichi.jp/select/jiken/news/20080605ddm012040072000c.html

婚外子国籍確認訴訟:最高裁判決 要旨

 婚外子(非嫡出子)の国籍取得訴訟で、国籍法3条1項を違憲とした4日の最高裁大法廷判決の要旨は次の通り。

 ■多数意見

 国籍法3条1項は、日本国民である父と日本国民でない母との間に出生し、父が出生後に認知した子について、父母の婚姻により嫡出子の身分を取得するという「準正」が生じた場合に限り、届け出による日本国籍の取得を認めており、日本国民である父から出生後に認知されたにとどまる子と準正が生じた子との間で、日本国籍の取得に関する区別が生じている。

 国籍法3条1項は、血統主義を基調としつつ、我が国との密接な結び付きの指標となる一定の要件を満たす場合に限り出生後における日本国籍の取得を認めることとしたものと解され、前記区別を生じさせた立法目的には合理的な根拠がある。また、84年の同法の改正により同項の規定が設けられた当時は、日本国民である父と日本国民でない母との間の子について、父母が婚姻したことをもって我が国との密接な結び付きの存在を示すものとみることには相応の理由があったものとみられ、準正を日本国籍取得の要件としたことには、立法目的との間に一定の合理的関連性があった。

 しかし、その後の我が国における家族生活や親子関係に関する意識の変化やその実態の多様化等を考慮すれば、日本国民である父と日本国民でない母との間の子について、父母の婚姻をもって初めて日本国籍を与えるに足りるだけの我が国との密接な結び付きが認められるものとすることは、今日では必ずしも家族生活等の実態に適合するとはいえない。

 諸外国においては、非嫡出子に対する法的な差別的取り扱いを解消する方向にあり、我が国の批准した条約にも児童が出生によっていかなる差別も受けないとする趣旨の規定が存し、さらに、多くの国で、認知等により自国民との父子関係の成立が認められただけで自国籍の取得を認める旨の法改正が行われている。

 このような国内的、国際的な社会的環境等の変化に照らせば、準正を日本国籍取得の要件としておくことについて、前記の立法目的との間に合理的関連性を見いだすことはもはや難しくなっている。

 日本国民である父または母の嫡出子として出生した子はもとより、日本国民である父から胎児認知された非嫡出子及び日本国民である母の非嫡出子も、生来的に日本国籍を取得するのに、同じく日本国民を血統上の親として出生し、法律上の親子関係を有するにもかかわらず、日本国民である父から出生後に認知されたにとどまる非嫡出子のみが、生来的に日本国籍を取得しないのみならず、国籍法3条1項により日本国籍を取得することもできない。

 日本国籍の取得が我が国において基本的人権の保障等を受ける上で重大な意味を持つことにかんがみれば、このような差別的取り扱いによって子の被る不利益は看過し難く、立法目的との間に合理的関連性を見いだし難い。とりわけ、胎児認知された非嫡出子との間の区別の合理性を我が国社会との結び付きの程度という観点から説明することは困難で、母の非嫡出子との間の区別も父母両系血統主義の基本的立場に沿わないところがある。

 したがって、同法が、日本国民である父から出生後に認知された非嫡出子についてのみ父母が婚姻しない限り日本国籍の取得を認めないとしている点は、今日においては、立法目的との合理的関連性の認められる範囲を著しく超える手段を採用し、その結果、不合理な差別を生じさせているものといわざるを得ない。

 以上によれば、日本国籍の取得に関する前記の区別は、遅くとも03年に原告が法相あてに国籍取得届を提出した当時には、立法府に与えられた裁量権を考慮してもなおその立法目的との間において合理的関連性を欠くものとなっており、合理的な理由のない差別となっていたといわざるを得ず、国籍法3条1項の規定が前記区別を生じさせていることは、前記時点において憲法14条1項に違反するものであった。

 日本国民である父と日本国民でない母との間に出生し、父から出生後に認知されたにとどまる子についても、父母の婚姻により嫡出子たる身分を取得したことという部分を除いた国籍法3条1項所定の要件が満たされる場合に日本国籍の取得が認められるものとすることによって、同項及び同法の合憲的で合理的な解釈が可能となる。この解釈は、前記区別による不合理な差別的取り扱いを受けている者に直接的な救済のみちを開くという観点からも相当である。

 この解釈は、国籍法3条1項につき、過剰な要件を設けることにより前記区別を生じさせている部分のみを除いて合理的に解釈したものであって、同項の規定の趣旨及び目的に沿うものであり、この解釈をもって、裁判所が新たな国籍取得の要件を創設するものであって国会の本来的な機能である立法作用を行うものとして許されないと評価することは当を得ない。

 したがって、日本国民である父と日本国民でない母との間に出生し、父から出生後に認知された子は、父母の婚姻により嫡出子たる身分を取得したという部分を除いた同項所定の要件が満たされるときは、同項に基づいて日本国籍を取得することが認められるというべきであるから、原告は、法相あての国籍取得届を提出したことによって、日本国籍を取得したものと解するのが相当である。

 ■反対意見

 <横尾和子、津野修、古田佑紀各裁判官の反対意見>

 家族生活や親子関係に関する国民一般の意識に大きな変化があったかは具体的に明らかでなく、家族の生活状況に顕著な変化があるとも思われないし、非嫡出子の増加の程度もわずかである。西欧諸国を中心に、非準正子にも国籍取得を認める立法例が多くなっているが、我が国とは社会の状況に大きな違いがあること等から、その動向を直ちに我が国における憲法適合性の判断の考慮事情とすることは相当でない。

 準正により父が親権者となるなど父子関係が強固になる▽届け出のみにより国籍を付与する要件は明確かつ一律であることが適当である▽非準正子の場合には、我が国との結び付きの有無、程度を個別に判断する帰化制度によることが合理的であり、帰化の条件も大幅に緩和されている--などから、準正があった場合をもって届け出により国籍取得を認めることとすることには、十分合理性が認められる。

 国籍法が、準正子に届け出による国籍の取得を認め、非準正子は帰化によることとしていることは、憲法14条1項に違反しない。

 <甲斐中辰夫、堀籠幸男両裁判官の反対意見>

 国籍法は、日本国籍を付与する要件を定めた創設的・授権的法律であり、同法が規定する要件を満たさない場合には、日本国籍の取得との関係では、白紙の状態が存在するにすぎない。出生後認知された非準正子について、同法は、届け出により日本国籍を付与する旨の規定を置いていないから、非準正子の届け出による国籍取得との関係では、立法不存在ないし立法不作為の状態が存在するにすぎない。

 同法が立法不存在ないし立法不作為により非準正子に対して届け出による国籍付与のみちを閉じているという本件区別は、遅くとも原告が国籍取得届を提出した当時には、憲法14条1項に違反するものであった。

 しかし、違憲となるのは前記の立法不作為の状態なのであって、国籍法3条1項の規定自体は何ら憲法に違反しない。したがって、同項の規定が、非準正子に対して日本国籍を届け出によって付与しない趣旨を含む規定であり、その部分が違憲無効であるとする多数意見の解釈は、国籍法の創設的・授権的性質に反する上に、準正子を出生後認知された子と読み替えることとなり、法解釈の限界を超えている。

 同法が徹底した血統主義を法定しているとは解されず、同項が出生後認知された子に対し届け出による日本国籍を付与することを一般的に認めた上で非準正子に対しこれを制限した規定と解することはできない。したがって、同項の規定の解釈から非準正子に届け出による日本国籍の取得を認めることはできないから、原告側の上告は棄却すべきものと考える。

 非準正子の届け出による国籍取得については、立法不存在の状態にあるから、その違憲状態を是正するためには、国会の立法措置により行うことが憲法の原則である。多数意見は、法律にない新たな国籍取得の要件を創設するものであって、実質的に司法による立法に等しいといわざるを得ず、賛成できない。

 ■国籍法3条1項

 父母の婚姻及びその認知により嫡出子たる身分を取得した子で20歳未満のもの(日本国民であった者を除く)は、認知をした父または母が子の出生の時に日本国民であった場合において、その父または母が現に日本国民であるとき、またはその死亡の時に日本国民であったときは、法務大臣に届け出ることによって、日本の国籍を取得することができる。

 ■憲法14条1項

 すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分または門地により、政治的、経済的または社会的関係において、差別されない。

毎日新聞 2008年6月5日 東京朝刊



2008-06-04(Wed) 22:58| Reveil(日々覚醒)| トラックバック 0| コメント 3

27のドレスの謎

ということで日本です。飛行機の中で子供が寝ている間、映画27のドレス。をチラッと見たのですが、内容はともかく、、

やっぱり不思議なアメリカ人。

40年近く生きてるが未だに実際には見たことがないアメリカの謎のシーン。それは・・

酒場やレストランなど人の多いところで主人公2人の男女がお互いが好きなのに言い合いをして、ある一言で二人がぶちゅーとキスなんかをして、そのときになぜかなぜか周りの客が拍手をするあのシーン。

実はこれ1986年産の『トップガン』でもあるんですよね・・・・・・あの不細工な教官とトムクルーズがひっつく時に。ってことはこれはアメリカ人の伝統なのか。

アメリカに行かないと見られないのか。そしたら観光コースにいれておいてくれ。

日本でもちょっとお派手なレストランなどでお誕生会をしているグループのためにウエイターさんが演出をするという場面には何度か出会ったことがあるのですが、他の客が拍手をしているのを私は見たことがないんですよね・・・フランスでは、もっと他人が横でぶちゅーしてようともっと関係ないし。

電車の車内で「痴漢です助けてください」と叫んでも誰も助けてくれない国生まれの私としては、拍手の意味がわからないんですけど。

知らない他人がふたりでぶちゅーとしてそんなに嬉しいのかなぁ。それともマナーとして拍手をしてるのかなぁ。強要されるんだったらやだな。そんなつもりない人まで。

どなたかアメリカに長いこと生きていて俳優とかそういう特殊な人でない一般の人がこのようなことをして拍手をしたとか、拍手をしてもらったとかそういう経験のある方はいらっしゃるのでしょうか。

謎は深まるばかりです。
kids in fly

うれしそうなモンスター野郎。。


2008-06-01(Sun) 03:13| Preview(媒体見聞)| トラックバック 0| コメント 5

プロフィール

天真爛漫子

Author:天真爛漫子
セザンヌの街、Aix en Provenceの旧市街が大好きなスイーツ脳の子育て主婦。最近は細々と仕事気味。

『マルセイユ&エックスのおされスポット』『グルメ』『チョコレート』『音楽イベント』『ムスリム』『移民』『iphone』『アフリカの仏語圏』『ワイン』『ヨガ』『食べていくだけの小商い』『毎日の食事』『ヨーロッパのイスラム』『男子の子育て』など興味あり。Twitterはkonaritsでおります。Follow-meです。

職歴としてワインアドバイザー&ときどきヘリコプター関連通訳。京都時代は大阪税関でも取り調べ現場通訳経験あり。守備範囲はワインからヘリコプターまで。こちらのこちらのプロバンス地方のお店やレストランの紹介もこれからやっていきます。よろしくお願いいたします。

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。