Twitter

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

世界遺産だったとは・・・

PA180257.jpgPA180217.jpgPA210419.jpgPA210422.jpgPA210424.jpgPA210430.jpgPA220437.jpgPA190280.jpgPA200338.jpg


後で調べると、Fesの旧市街であるメディナはすべてが世界遺産だったらしい。キューバの首都ハバナ状態だったのですね。そんなことつゆ知らず、「汚いけどフォトジェニックう」とか叫びながら新しく買ったオリンパスをぱしゃぱしゃ。

帰った直後は、汚いとかやっぱりアラブは疲れるとかわめいてたけど写真を改めてみて綺麗だなぁ・・と感慨深い。それにしても、とにかく俗な私が許せないモロッコ事情

★お店というお店に値札を書かない

旧市街のメディナはすべて客の足をみて価格を決める。外国人はすべて3倍ふっかけられてるとみればいいらしい。(もちろん、新市街にはフランス系のスーパーもあるし、そこはきっちりしているはず。ただし、旧市街はもう闇の中。そこが観光の中心地なのだけど)

★旧市街って

ええ。だから、旧市街の家賃はすべてモスケが集めているそうです。だから税金はなし?モスケが金融、行政、司法、すべてを握っているのです。え?え?だから?だから中世なんだって・・(ガイドさん談)

★国王さん(この方は妻はひとりだそうです)

の批判や悪口を言ってはいけません。

★それにしても最新式?と呼ばれるハマムはテルサレベル(京都市のプール)

日本のスーパー銭湯と比べてはあきません。最新式でもご町内銭湯レベルというか。いや、比較してはいけないのです。ちゃんと太ったおばちゃんがあかすりきてくれました。(入湯料は1時間の垢すりマッサージ付きで約1500円)

ある意味。イスラム圏は疲れるけど、あの緊張が楽しいかも。ほんと、こういうところから帰ると、宗教ってライフスタイルと同義語なんだとつくづく感じる。決して頭で考えるだけが宗教じゃないんだよねぇ。だからみんな足洗って手洗ってるし、お店もお祈りの時は店番のおじさんいなくなってたり。それでも泥棒はこないみたいだし。

なんか。二十歳ぐらいの時から私の宗教観ってなんにも進歩してないです。。。もうすぐ倍になるっていうのに。それでも私は信仰のある人に弱い?っていうのも変わってないです。どんな信仰の方でもまじめに話聞きます。とても興味あります。

ほんとうは自分の信仰があるのに信仰行為ができない自分にとても俗物な嫌らしさを感じています。

正直、『神』を意識しながら生活してる人って、私と見ているものが違ってそうでうらやましい。私ももし、神が近くにいてくれたらどれだけ寂しくないだろうか・・・


ということで、観光客としてのモロッコでした。(友達の家に泊まるとかそういうモロッコ旅行はまた味が違うそうです)



スポンサーサイト

2008-10-31(Fri) 01:09| Sorties(遊山)| トラックバック 0| コメント 8

モロッコ

先週モロッコFESにRyanairで行ってきました。60ユーロポッキリ/人。(宿泊費別)
正直、もうすぐいきたくないけど、まあなんてフォトジェニックな国なのでしょう!
道も道路も汚いんだけど、なんか絵になる。

もうそれだけ?

街が世界遺産とはいえ、それ以上にロバがショッピングモール(スーク、市場)の中の動力?っていうだけですごいでしょ。息子は大喜び。あたしは街中の糞に耐えられずノックアウト。

モロッコっていうと小学校の時に友達が教えてくれたカルーセル麻紀が手術した国、ぐらいしか予備知識がない私。馬鹿すぎ。

もういちどライアンエアー、アイルランドの格安エアラインなのですが、地方の閑散とした空港やその都市の商工会議所と組んで?観光客を北から送り続ける航空会社。
もし預ける荷物があれば有料、(手荷物は10キロ内無料)椅子はリクライニングなし、もちろん機内サービスなし、ほしければ有料、機内ではロト販売に積極的、空港でもパセレル(いわゆる乗降口)は空港使用料がかかるので使われず。なぜかだだっ広い滑走路横に泊まりそこまで乗客は歩かされる。空港停泊時間は平均40分という恐ろしい格安で格安はいいのですが。。今回は帰りの便が悪天候のためにキャンセル。こういう場合、ふつうの会社なら泊まりホテル等の保証は出るわけですが、この会社は出るわけない。VISAやAMEXに頼るしかないのですが、早く帰りたかった私たちはFESからRABATまでタクシーを飛ばし180KM、ギリギリエールフランスにたどり着けばそこは首都。FESのヒッピー観光客とは違う客層に驚きながらも、アフリカ大陸出発時にはお決まりの乗客みんな殺虫剤?(消毒剤)の屈辱を受け、イスラム国を脱出。やっぱりイスラム、、、イスラム圏外ではいいけど、イスラム国ではきっついな~~。。言語統制とかありそうでちょっとびびる。それにしてもあの国王プロマイドすごすぎ!どこにでもいるんですけど・・・。ポスターが。散髪屋にも、ホテルにも、レストランにも・・・・どうみても、マフィアじゃん・・・・正直日本の「象徴」のあのファミリーの品はないんだけど、愛されてる証拠なのこれ?あんたら偶像禁止ちゃうんちゃうんか?まええけど。


(なんか、こういうことをアラビア語とかフランス語のブログで書くとやばいんだろうか)


ということで、お金をせびる人たちには本場仕込み、教えてもらったまち針付きのイスラム巻き?で結構追い払えたし、

ということで写真は次回より!


2008-10-25(Sat) 12:23| Sorties(遊山)| トラックバック 0| コメント 8

DNA

世界的にろくでもないニュースが続くなかで、ノーベル賞3人日本人DNAというのは嬉しい。

特に一人は京都市北区とか写真に書いてあってもっとうれしい。御園橋の辺で賀茂川おさんぽしてはるかもなぁ。

ただ、日本勢が10年、20年後まで続くかどうかは疑問。

え?ただいまユーロ137円ですかっ!私は円建てあるから嬉しいんだけど。来月の円払いの仕事までこのルートで頑張ってくれー。それにしてもすごい円高ぶり・・・


2008-10-08(Wed) 14:48| Les Petits bonheurs (小市民的幸福)| トラックバック 0| コメント 6

嫌われ松子の人生

2006年の邦画のヒット作をやっとみる。(家人が今週ルーマニア出張なのでDVD三昧)

後味の良いような悪いような・・・

デザインとかファッションとか可愛くてとっても気に入ったんだけど、デリカテッセンもアメリも好きな私が言うのはなんですが。。

仲間内しかウケなさがイタイ。と思った。

つまり、2006年当時の日本のテレビの芸能人の顔を知っておかないと魅力的であると思われるキャスティングがあまりない。強いて言うなら、ゴリエと沢村社長が、日本のテレビをまったく見てない人がこの映画を見ても印象に残る演技をしてたのではないかなと思う。その点ゴリとAV女優は偉大。

なんかね・・・

日本のテレビをまったく知らない人相手に作ってないの。テレビ毎日見てないからわかんないよーっ!

これって、キツい。映画ってさ、テレビじゃないんだからさ、その点もっとちょっと期待してたのに。北野武だとその点海外市場をよーく考えてるから結構、普遍的にハマりやすい構図なんだけどね。

手の込んだ音楽や映像はおなかいっぱい。

なんかこのあたりにこの映画の驕慢さがぷんぷんでてて。逆に嫌みっぽい。あまりにも、お化粧しすぎてちょっとプロポーションが。。的な感覚。(でも、ほんとに完成度は高いとは思うけどね)。。その点美術的によく似ている舞妓ハーンは、京都紹介ムービーという役割が多少があるからテレビの俳優を知らなくてもよかったのだが、これはひどい。

ちょっとがっかりかな・・・でも、好きよ中谷さん。お金かかってるのはびんびん伝わってくるし。それだけでも見る価値はあり。ボニーピンクの薄幸顔は、印象が残らなくてもだらしなさが残って良。






2008-10-05(Sun) 20:53| Preview(媒体見聞)| トラックバック 0| コメント 6

恋は遠くの花火ではない

テレビを見ないのでわからないけど、<相乗り>というと便乗させてもらうことと理解すればいいのだろうが、例えば、私の住んでいる街では、半公営の相乗り掲示板がある。

http://covoiturage.autoclubaix.com/

このサイトに登録しておくと、例えば、エックスからマルセイユまで毎日通ってる人や、毎月通ってる人などが、相乗り募集したり運転手を募集したりしている。もちろん、相乗りだからガス代は人数で負担する。車の減価償却費は無視される。

ただガス代は最近1ユーロ32とかだから、一時より安くなったとはいえ、日本の180円越え以上で、単純計算でも200円は超えている。

私がここで注目したいのは、このトップサイトの写真の女性の目である。息子ぐらいの男性が降りていくとき、「気をつけなさい」と叫んでるわけではなく、

なんか、物欲しげなんだよなぁ。彼もそれをわかってにやついてる。

ちょっと。

これ運転手が男性で女性が降りるところだったら、もっと露骨なんだろうけど。

なんなんでしょうか。この気まずい雰囲気は。

という感じで・・・

ストーリーが続きそうな、相乗りサイト・・・サントリーオールドじゃないけど、恋は遠くの花火ではない中年応援サイト的な要素も持ってるのかと勘ぐっています。


2008-10-04(Sat) 05:04| Les Petits bonheurs (小市民的幸福)| トラックバック 0| コメント 4

雪でもなく白い山

PA030164sm.jpg

あまりにも天気が良いので、家からサンビクトワール山を撮ってみた。

白になったり紫になったり、太陽の光の加減で七色に変化するのが今日の機嫌みたいで、人を惹きつけるのかもしれない。また裏から見るとまったく違う顔をしているのでビックリする。

先日うちの子供達が山を描くところを見てたのだが、まだまだ日本びいきの彼らは緑の山にの「大」の字を書いてよろこんでた。出町のカフェの大文字が強烈だったのだろう。お出掛けしたとき、マルセイユの山を見て、「あの山色ちがうぅ」と叫んでたのを思い出す。なだらかな山脈の広がるイタリアの山は日本の山に似てるなといつも思うのだが。

草木のない湿気のない山は私にとってはとても恐い場所に感じる。

いづれこの子らも山はどうもいかめしくて荒々しくて、白やピンクや紫のクレヨンやくーピーで描くのかなぁ。。


2008-10-02(Thu) 08:24| Les Petits bonheurs (小市民的幸福)| トラックバック 0| コメント 6

プロフィール

天真爛漫子

Author:天真爛漫子
セザンヌの街、Aix en Provenceの旧市街が大好きなスイーツ脳の子育て主婦。最近は細々と仕事気味。

『マルセイユ&エックスのおされスポット』『グルメ』『チョコレート』『音楽イベント』『ムスリム』『移民』『iphone』『アフリカの仏語圏』『ワイン』『ヨガ』『食べていくだけの小商い』『毎日の食事』『ヨーロッパのイスラム』『男子の子育て』など興味あり。Twitterはkonaritsでおります。Follow-meです。

職歴としてワインアドバイザー&ときどきヘリコプター関連通訳。京都時代は大阪税関でも取り調べ現場通訳経験あり。守備範囲はワインからヘリコプターまで。こちらのこちらのプロバンス地方のお店やレストランの紹介もこれからやっていきます。よろしくお願いいたします。

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。