Twitter

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

貧乏人の遠吠え

GAIS FALTIMA030 AutoCordlessCleaner ホワイト 100V ~ 240V FTM-030(W)GAIS FALTIMA030 AutoCordlessCleaner ホワイト 100V ~ 240V FTM-030(W)
(2008/02/27)
不明

商品詳細を見る


こちらと同じ中国製のロボット掃除機を買って約1ヶ月半。元来実は掃除機大好きで、(効果のために掃除機を一回一回掃除するのが趣味。これは父譲りの趣味でもある)実はコードレス、ほうき型、と、いろいろ試しましたが、(経験上、重い掃除機はマメに掃除ができないので余計ずぼらになる)私が不在の夏から掃除機が壊れた生活をしていたところにこの掃除機が来てくれて(赤を買いましたが)かなり、マメに掃除機をするようになりました。というか、家を出る前に床に散らかしてるものをすべて上に上げる。という行為をするようになり、家を出ると同時に、ロボットをかけてでていく行動パターンが最近つくようになりました。

日本のアマゾンではさんざんかかれていますが、私が買ったフランスアマゾンでは大絶賛?(私はまだコメント書いてませんけど)なので

http://www.amazon.fr/Yamada-Vaova-VACU-40RA-Aspirateur-Robot/dp/B000ZZSS4U/ref=cm_cr_pr_product_top

そうそう、経験上、フランスアマゾンだけがちゃんと自宅までしっかり届けてくれます。しかも低価格orある一定だと無料だったりして本当にうれしい。クロネコヤマトのないこの国の通販は集配所留めが一般的。慣れれば良いのですがそれでも日本のスーパーウルトラ親切確実誠実な宅配業はもう国の宝。着払いなんて発想さえあり得ない。とにかく流通業とは全員が羽賀健二のような詐欺師なのか山師なのかわからないのがフランスなのか・・。(ドライバーに払うのではなく集配所払いはあり)

さてアマゾンの商品批評を読むとさすが、日本の消費者は電化製品に関してはお目が高いなと感心するばかりなのですが・・いや、最近の子育てのトレンドは持ち上げて褒めて育てるだしさぁ・・・(関係ないよ)

私の感想は「所詮、シナ製のコピー商品なんだから」と最初からあきらめていた割には元気に頑張ってくれているので満足です。

ただ注目して笑って欲しいのは、これは中国製であるにもかかわらず、海外販売されるときはYAMADAというメーカーになっていること。

YAMADA電機に失礼だろっ!ったくもう、どうでもいいんだけど。

とにかく、マメに掃除することの方が高級掃除機を買うよりも家はきれいになる・・・黄金律。

そう、そのためにはちょっとロボットと名前がついてる割に頭の弱い?パワーも弱い、でもフットワークだけ軽い掃除機がおすすめ。

と、貧乏人の遠吠えでした。

そいえば、2000年を8年も過ぎたのに、手塚治虫のロボタはどの家にもいませんね。火の鳥のロボタがいっぱいいっぱい出てきてスト?かなにかをするページ。。幼いながらも怖かった。ただ、この子が家の中をぐるぐる回ってるときに、ふとロボタの事を思い出したりするあたしって、やっぱり昭和40年代生まれ。



スポンサーサイト

2008-11-30(Sun) 01:03| Les Petits bonheurs (小市民的幸福)| トラックバック 0| コメント 3

ミストラルの吹き荒れる中・・・

この2,3日尋常にもないミストラルが吹き荒れて外に出るガッツさえ吹き飛ばされてしまう。寒いんじゃなくて風がきついだけなんだけど。。。

この風の中、今年は日本からボジョレーヌーボー解禁のお祭り騒ぎニュースが届いてこない。寂しいなぁ。。いいんだけど。。。。

それよりも、12月5日?だっけの今年の収穫のオリーブオイルの販売解禁も楽しみ。先日搾油所を見に行ったところということもあるけど・・・そもそもオリーブが最近ワインより高いのはどういうことだ。。

オリーブも良いとか負け惜しみも言いながら金曜日朝一のやっつけ仕事RDVをこなし、いきなり、終わった11時10分前に、出てきた事務所から目の前のカフェに入り、飲んでなかったからボジョレーヌーボーをください。(赤ばろんちょーだい)を頼んで、キンキンに冷えたまるで、アサヒスーパードライビアガーデンで出すような赤ワイン(ニュアンスわかる?)を一気飲み。これだけ冷えてるのって昨日あけてるんだろうけど、一杯1,5ユーロだしま、いっか。と自分を納得させ、11時15分にカフェを飛び出し、30分には子供を幼稚園に迎えに。午後はふらふらになりながらも、5時からのプロバンス大の名誉博士号?Docteur Honoris Causa のセレモニー要員へ。。。。

名誉博士のセレモニー要員って実は初めてではないのですが、結局、あなんとかワインの騎士団の授与式と同じく、マントをかぶってその人の功績を称えるというもの。ライオンズクラブ、ロータリー的なおやっさんの会な雰囲気だけど、さすがに大学はお金の臭いがしなくてそれだけでも居心地は良い。だから、我が家もお金の臭いがしないんだよな。これが、人生最大の問題。

やばい・・

『吾唯足知』

と龍安寺のつくばいのごとくひきさがるのか。人生いろいろあります。

もちろん、その後のバンケットはライオンズ、ロータリーとは比べものにはならず。立ち食い?でおしまい。でも、美味しかったし、バンケット要員の子供たちも満足しておりました。

そいえば本日土曜日は長男生まれて初めてのお誕生会に呼んでもらった記念すべき日。
非常に楽しんだ様子。しかし、とにかく、主催もしないのに親も疲れた。家人は病気で出張をキャンセル、ミストラルの中ずっと家で寝てるし。うらやましいけど。

さて気を取り直し、





さて、荒れ狂う外を眺めながら、これを参考に作ってみたものの。どうも幾何学の道は遠い。紙の色の数をちゃんと合わせてるのに微妙に左右対称にならない・・・修行がたりませぬ。

それにしても、スケッチの次は紙のおもちゃにただいまはまっております。スケッチ帳をびりびり破いてペーパークラフトの紙になったり。。。冬の趣味は籠もるに限りますな。


IMG_0617.jpg

ついでながら、寝付いた後台所においてあった我が息子の作品(親バカ全開)切ってきたお花とカエルのおもちゃを一緒に水に入れてるところがウケた。

今ふとメールを開けたら、京都の友人に子供ができたニュースが。この友人も実は私が、1999年キューバに行くときに、サンフランシスコ->LA間の飛行機で同乗しただけの知り合い。私からナンパし、メール交換し、すると旧知の同級生が今や彼と大親友になってしまったりして、、いや、ナンパは大事ですね。実はその飛行機が遅れて、搭乗口がざわざわの時、そのインフォメーションを確認したくて、そこにいた日本人に声をかけたわけだけど、後にも先にも空港ナンパは彼ぐらいしかしたことないんだけど、そのあたり、彼はわかってるだろうか。ま、わからなくても良いけど。良い友達でいてくれることが私は今でもうれしい。

まとまりないけど、週末はこうやって更けていくのね。

IMG_0618.jpg


2008-11-22(Sat) 23:28| Les Petits bonheurs (小市民的幸福)| トラックバック 0| コメント 2

トマトは冬の果物

tomato.jpg


フランスにおいてトマトは冬の果物。

というのも冬期はモロッコやスペインからの輸入が許され、フランス産のトマトのだいたい半分の値段で手に入る。1キロ1ユーロちょいなり。


貧乏人はフランス産よりモロッコ産・・

産地産消など貧乏人はそっちのけーっ。CO2も知ったこっちゃない。

もちろん、フランス産も売ってますが・・・・・
毎日のようにトマト漬け。おかげさまで結構トマト料理のバラエティが増えてきました。湯むきしてオリーブオイルが一番美味しい。

ヌーボー飲みたい~。こないだまで売ってたのに・・・

酒を断ってからやたら酒には弱くなったから、、とはいえ、時々は嗜んでおります。


2008-11-20(Thu) 19:05| Les Petits bonheurs (小市民的幸福)| トラックバック 0| コメント 2

赤い橋の下のぬるい水

Aixの図書館にてDVDを借り、こちらの映画を鑑賞。

赤い橋の下のぬるい水赤い橋の下のぬるい水
(2002/05/02)
役所広司清水美砂



この映画は「水」と「エロ」

すべてがびちょびちょ。

それでもどっか、苔は生えてない、。

流れる水。

明るいと言えば明るいのだが、清水美沙の緩んでるのか、魔性の女なのかわからない中途半端な立ち位置に途惑う。「緩み演技」がどうも、男女7人の大竹しのぶ的で嫌悪感。緩みながらも好色キャラってどこか不自然になってしまうのって、。。。なんか、ふっきれてなくてこっちがフラストレーションたまりそう。

くさいチーズ、納豆、情事後の寒天など食べてるものまで食感がエロなのは監督のこだわりかと思ったり。

ただ、ただ、敬服。おじいちゃんも知っている的ジャパンエロ万歳。



2008-11-16(Sun) 01:45| Preview(媒体見聞)| トラックバック 0| コメント 3

一昔前の人間

日本の放送業界で仕事している友人にクリスマスプレゼントをと思い、今はやってるサルコジーのブードゥー人形をamazon.frで頼もうとしたら、次の入荷がクリスマス直前。たぶん今注文しても届くのはクリスマス後、日本へ送れば旧正月も過ぎて節分ぐらいだろう。。と思いきや、

このことを正直に彼女にメールしたら、「サルコの顔は悪いのは生まれつきとして、私はカーラブルーニの方が感じ悪くてイヤ」とメールが来た。

(原文まま)
「せっかくのサミットに嫁さんとして来ないカーラブルーニはイマドキ逆にカッコ悪い。」
「逆に一昔前の利己主義というか、自分本位な人間なかんじがしてイヤ」

今や金儲けだの利己主義なエゴイストこそ一昔前感の人っぽくて、緩くご機嫌な人こそナウな人?・・

でもこの感覚なんかわかるのよ。オバマ以来。この感覚の方向に世界の流れはいくんじゃないかとふと思ったり。

フランス人はカーラのブードゥー人形は作らない。社会党党首のセゴレーンは作るくせに。

なんでだ?

・・・

セゴレーンの更なるイケズな活躍を期待しつつ。








2008-11-12(Wed) 09:58| Reveil(日々覚醒)| トラックバック 0| コメント 6

角たちすぎっ!

智(ち)に働けば角(かど)が立つ。情(じょう)に棹(さお)させば流される。意地を通(とお)せば窮屈(きゅうくつ)だ。とかくに人の世は住みにくい・・・なんだけどね。


これを実感する体験。


午前中に所用をすませ、ルーマランへ(Lourmarin)家族遠足。(よくマルセイユの海に飽きたら今度は山だ!ということで山を目指しただけなんだけど)

Aixより30キロもないのですが、道が国道のために半時間ほどかかりました。

芸術家が愛する有名な村ですが、例にも漏れず正直この村のスノッブさは鼻につく。

http://ramses.pharaons.fr/genesites/Mairie/lourmarin1/

パニーニサンドウイッチ屋に入ると、おいてある雑誌がまたそこらの美容院と違うし、(びみょーな、線をついている音楽雑誌とか・・)サンドウイッチ屋なのにおにーちゃんは妙に法律に詳しいのか、、飲食関連の外食法について語り出すし、カフェにはいると、おっさんおばさんらはいきなりこの村に住んでる有名なのか?作家のうわさ話をしてるし、俗っぽい人が来るとこじゃないのよ的なあの雰囲気。

わかりました。子連れのアジア顔の庶民きたらあかんねん。こういう痛さを味わうのもAixやMarseilleではもうないので、ほんとはまた新鮮だったり。。。おいおい。。

特に閑散期はアジア親子目立ちました。夏だったらどさくさ紛れて中国人とかもいっぱいきてそうですけどどうなんだろう。。とにかく街を散策してみてMade in China の製品がどのみやげ物屋にも売ってない村ってのも別の意味で清々しいよねぇ・・・・

さっき、TV番組でフランス人がマグレブ出身の大統領ってどうよ?っていうアンケートしてたらやっぱり半分は不快感を示していたような国ってどうよ。。ってマジ考える。。(思い出したように日没後にちょっと撮ってみた街並み。実は月が綺麗な夜)

IMG_0567.jpgIMG_0566.jpg



2008-11-09(Sun) 00:09| Sorties(遊山)| トラックバック 0| コメント 0

いつかこの日が来ると思ってた

マイミクさんに教えていただいた
「ありがとう0系新幹線」のムービー

http://www.jr-odekake.net/navi/shinkansen/0kei/special/index.html#/movie/

歌詞と微妙にあわせてある画像に涙。涙。涙。
「天国と地獄」を思い出す。(あの妙なピンクの煙)
(あれは東海道新幹線だけど)

ひとつひとつ昭和が消えていく。









2008-11-05(Wed) 22:13| Les Petits bonheurs (小市民的幸福)| トラックバック 0| コメント 2

みなおしたぞ

父親がケニアの黒人でしかもミドルネームが「フセイン」でバラックっていう名前も実はイスラム名のアメリカ化でイスラム教とも縁深い47歳がアメリカ合衆国の大統領になるとはおもてなんだ。

アメリカ人見直した。

ベルリンの壁崩壊、天皇崩御、大震災に続く私にとって人生のイベントだなぁ。


2008-11-05(Wed) 07:38| Les Petits bonheurs (小市民的幸福)| トラックバック 0| コメント 15

気持ちはクリスマス

先日子供の「にほんごであそぼ」CDをかけてたら、子供の声でこの詩を朗読してた。


「われ十五(15才)にして学(学問)に志(こころざ)し」
「三十(30才)にして立つ」(学問で自立できるようになった)
「四十(40才)にして惑(まよ)わず」(いろいろな迷いがなくなった)
「五十(50才)にして天命を知る」(天が自分に与えた使命を知った)
「六十(60才)にして耳順(したが)う」(どんな人の話も聞けるようになった)
「七十(70才)にして心の欲するところに従(したが)っても矩(のり)をこえず」(心の思うままに行動しても人としての道をふみはずすことがない)

吾十有五而志于学、
三十而立、
四十而不惑、
五十而知天命、
六十而耳順、
七十而従心所欲
不踰矩

by孔子様


本日40歳にして、30歳の時点にも満ちてないのが判明。気持ちクリスマス。
今のところ自立の真似事はしても、迷い、途惑い、子供にはヒスを起こしまくる毎日。・・
アラフォーじゃなくて、JUST 40 ジャスフォーな年の始まり。

(そいえば、最近女性に対してクリスマスケーキということばもいわなくなりましたね)


2008-11-04(Tue) 16:59| Les Petits bonheurs (小市民的幸福)| トラックバック 0| コメント 7

相乗り初体験

所用で200KM先のニースへ日帰り。

噂のCo-voituageで連絡してきた女の子と一緒。
大学を2ヶ月で退学するらしい。
理由は?と問い詰めると、コルシカから出てきてるのでママンが膝の病気でそばにいてあげないとだめらしい。ママンいくつ?って訪ねると50歳。って。え。わっか~。あんただってまだ25未満でしょ。ま、姉ちゃんを含む4人姉妹だそうで。一人のお姉さんはニースの空港の格安エアーのスチュワーデスさんをしていて彼女みたいに働きたいのがコルシカ嬢の夢らしい。

知らない女同士、トイレ休憩もなしに2時間の旅。

午前中の仕事を終え、午後は何も食べず見ず、直帰。早朝5時起き、往復4時間半。帰れば、それでも4時半。子供の面倒ありがとうございました。

毎回ニースは私を雨で迎えてくれ、夢のような紺碧海岸は未だに見たことがない。


2008-11-01(Sat) 05:18| Les Petits bonheurs (小市民的幸福)| トラックバック 0| コメント 4

プロフィール

天真爛漫子

Author:天真爛漫子
セザンヌの街、Aix en Provenceの旧市街が大好きなスイーツ脳の子育て主婦。最近は細々と仕事気味。

『マルセイユ&エックスのおされスポット』『グルメ』『チョコレート』『音楽イベント』『ムスリム』『移民』『iphone』『アフリカの仏語圏』『ワイン』『ヨガ』『食べていくだけの小商い』『毎日の食事』『ヨーロッパのイスラム』『男子の子育て』など興味あり。Twitterはkonaritsでおります。Follow-meです。

職歴としてワインアドバイザー&ときどきヘリコプター関連通訳。京都時代は大阪税関でも取り調べ現場通訳経験あり。守備範囲はワインからヘリコプターまで。こちらのこちらのプロバンス地方のお店やレストランの紹介もこれからやっていきます。よろしくお願いいたします。

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。