Twitter

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

それでもパリは美しき

今回はパリまでいとこの子供を見に行ったり、家人の旧友に会いに行ったり、零下の中、パリを子供たちとやっと満喫。(だって、去年、うちの息子パリで腸重積になってたし)

なんかね・・・・・・・

私にとってはパリって言うといつでも「愛と悲しみのボレロ」(古いなこれ、なんで、この頃の映画の邦題ってみんな愛と悲しみでしたね)の音楽が頭をぐるぐる回る人で。いなかもんですみません。だって、私とフランスのつながりにいつもパリは欠落していましたもの。私は20年ほど前からずっとワイン命女で、ワイン産地しか目になかったし、毎回フランスに来ても凱旋門も何も見ずに帰ってましたもの。

どこか、おセンチでどこか、ゲージュツで、庶民がいて、左翼な街。で、今回驚いたのがシャンゼリゼーが思ったほど荒れていなかった。寒そうなインド人観光客が増えてる。

エックスマルセイユの田舎根性さに飽食状態な私に良い刺激を与えてくれました。お上りさんを承知の上、特に今回、グランパレでやってた、dan la nuit des images という映像のエキスポ。パリの懐の深さを満喫。グランパレがうっとうしい連中のディスコになっている姿には笑えた。




あと、セルニキシ美術館は今回の大きな収穫。

http://www.museesdefrance.org/museum/serialize/mont-back/0603/montalembert.html

一瞬、滋賀県の信楽の新興宗教がグランルーブルと同じ建築家に建てさせたMIHOとコレクションが被ってるっぽいですが(MIHOのほうがコレクションの量から範囲から100倍すごくて、お腹いっぱい)一等地のパリではよくやったなぁと、入場料無料がポイント。

貧乏人は日本人なら必ず寄るというラーメンも食べず、帰ってきましたが、なんか、こうやって子供も育てながらフランスで生活してるのに、なんでパリに住んでないんだろう?って惨めな気分になって帰ってきたことは確か。。

普通に便利だし、普通の感覚が戻ってくる。
おしっこの臭いも少なくなった地下鉄、特等も2等もあまり変わらないTGV。隣のおばさんの携帯に耳を澄ましても、どうせこんな日はみんな同じことしか話してない。「今から帰るからね。6号車にいるから。待っててね」

ヴィクトワール山に見下されながらの南の隔離された閉塞感と違う閉塞感も感じるのは確かだろうが、まだまだ3日間だけではわからない。

もしかして、今回は泊まったところが、20区のボロアパートだけど家人の友人宅でその奥さんがギメ美術館のインドセクションの専門家って言うのがポイント高かったのかもしれない。家を交換で泊まりに行ったのだが、まるで、マリークレールx0.7ぐらいのオシャレのような世界のおうちにうっとり。地に足のついた家の装飾が緩くて良かった。きばってないのにどこかパリジェンヌ。(うっひょっ)彼女、フランス人に珍しく、家を綺麗に片付ける人じゃなくてこっちも勝手がよい。

あの、フランス人のチリ一つ落ちてない家を貸されると逆ギレしてしまう私。家政婦さんしかできないような技をキャリアウーマンがしてると、もう、専業バイト主婦としては生きてる価値ないし・・・

てなことで、また写真は気分次第でアップしますっ!よいお年をお迎えください。

PS
今年のおおとりは氷川くんだそうで(byありがとう浜村淳より)見たいよ~紅白。

スポンサーサイト

2008-12-30(Tue) 22:24| Sorties(遊山)| トラックバック 0| コメント 6

日曜日何する?

本日は例外的日曜日でほとんどの商店が開いており、街は結構な賑わい。

いつも思うのだけど、この国、日曜日毎週のように見せ閉めてて、本当に大丈夫なんだろうか。

私みたいに、そんなに仕事ハードにしてなくても土曜日にどうしても動かせない用事が毎週入っているから、土、日と買い物ができない。となると日曜の夜となると冷蔵庫はカラっぽ状態になり、毎回のように冷凍保存食や缶詰のお世話になる。別にいいんだけど、どうして、この国の商店は、日本の百貨店のごとく水曜日や木曜日に、定休日をとって、日曜日にあけないかしら。

子供を持って、子供の休みの日とあわせたい。という気持ちはわからないでもないんだけど、世の中、ローテンションっていう言葉があるんだからさ・・・融通きかそうよ。

日曜日お店あけたら絶対売れるって・・

って子供をマネージ(結構えぐい移動式電飾ピカピカのメリーゴーランド)に乗せながら人混みを見て考えるあたし。ほんとに、この国の人は日曜日何をしてるのだろうか?趣味?日曜大工?ほんとに不思議だ・・


趣味のない大人ってなにしてるんだろうね。かっこ悪いけどね。こんな大人になるはずじゃなかったのに、趣味のない大人になってしまった場合どうするんだろう。

趣味って若い頃はあんまり深く考えなかったけど、この年になって、ちょっと考えるようになってきた・・・

そば打ち?も悪くないよな。


2008-12-22(Mon) 00:19| Preview(媒体見聞)| トラックバック 0| コメント 3

小市民偽装

今年の漢字は「変」、確か去年は「偽」だったはず。

ということで、最近気がついた小市民的偽装米の作り方。

今年の夏の高騰からまだ下がらない日本品種に似たイタリア米やカ愛想のないマルグ米、挙げ句の果ては、スーパーのプライベートブランドのパラパラの安物米をもちもちのお米に変える方法!研究に重ねた末、見つけました。

Mixiなどでは「はちみつをいれるといい」というアドバイスをもらったりしたが、たいしたことはない。正直あまり効果はなし。


で、もちもちのお寿司米にする方法はタピオカを大さじ一杯加えるだけ。

なかなか良いです。次の日でも結構もちもちしていました。次は片栗粉でも入れてみようかしらと思いながら・・・

小市民偽装は続くのでした。


2008-12-19(Fri) 19:24| Les Petits bonheurs (小市民的幸福)| トラックバック 0| コメント 6

レイブ美術館

IMG_0640.jpgIMG_0639.jpg



病み上がりな週末。。

ずっと高速から見えて他のですが一度も行ったことがなかった美術館に思い切って行ってみました・・・

http://www.fondationvasarely.fr/main.html?lang=fr
ヴィクトルヴァサルリファンデーション美術館



さすが、土曜日の朝となれば、人っ子一人いない!!!
クリスマス前だもんね。みんな、買い物でもしてるのさ。
広いし、暖房も効いてないのですが。。すっごい!!!!!目がちかちかする!!
ここでライブしましょうよ!っとついつい言いたくなるような空間。
70年代っぽい幾何学ですが、、、コンサート会場としても大変活用価値ありだと思われる建物でした。

個人コレクションの美術館なので、それなりの色もあるのですが、なぜか、市の役所派遣みたいな人も館内の椅子に座ってたり。。ちぐはぐ。


さてこの人、自称、マルチメディアアーティスト(いとうせいこうみたいって)ごとく、コンセプターだから、建築、階段、庭、池からして、俺様一色。

子供はほとんど、科学未来館状態。さわれる作品群もあり、子供も楽しめる。お母さんも「目の錯覚だよ~」と説明しやすいし。

CG以前の手書きが随所随所に見えたりしてそれもうれしくて。

たっぷり浸って帰りました。一般7ユーロなり。

売店も素敵で誰もいなくて、ポスターじゃないインク画が35ユーロからとお手頃価格で販売。

意外とこの手の絵って、イタリアンのレストランとかに非常にあいそう。(日本によくある。。Aixにはないです。こういうモダンな絵が似合うようなレストランは・・)

ちょっぴり、『いまっぽい』(この言葉を使うこと自体はもうすでに古い)ヴァルサリコレクション。ちょっと欲しくなりました・・・



2008-12-08(Mon) 15:47| Sorties(遊山)| トラックバック 0| コメント 8

蛍光灯に励まされる

先週今週は劇移動しすぎ。

とはいっても美味しい儲け話とか楽しい旅行じゃなくて、家と病院と往復。

人生やね。

息子、先週2回、今週すでに1回、合計3回のお泊まり入院。

相変わらずの腸重積のために(腹痛が痙攣、整腹術は免れたのですが、)病院へ通い詰め。

行き帰りに夜中の街のイルミネーションは見られたりしていいんだけど、そんな気にもなれず、入院グッズの荷ほどきをする暇もなくこれだけ通っていると、病院の近道、書いてなくても夜中でも開いてる扉、開いてるパーキングの場所、ぜんぶ覚えてしまったわ。

今週初めにはプチ仕事もあり、いろんな方にご迷惑をかけながらも無事こなし、昨日やっと退院。しばらくは腹も落ち着いて欲しいのだが。

本人は入院中はぬりえ、数つなぎ、おりがみで暇をつぶしていた模様。

それにしてもなんなんだろう。

あの、夜中の病棟の廊下の蛍光灯にあたるとすごく懐かしくて元気が出るんですよあたし・・・・はやりの”昼間灯”じゃなくてあの、ほんとの蛍光のほう。

なんなんでしょう。これ。

この、うっとうしいフランス一般?の照明の元気のなさにまじ鬱はいりそうなんで、思い切って子供部屋キッチンを、ちょっと高い蛍光ランプに変えてみましたが。それでも暗い。もう、それこそ家庭照明をイルミネーションなLEDにでも全部買い換えてやりたい気分なんなんだけどな。。あれはあれで発狂するのかな。それにしても、しんきくさい季節になりましたね。9時でこのあたり、もう人歩いてないし。店も閉まってるし、しけてるわ。



さて、今週のこどもヒットは全身ピカチュウ
http://www.josephwu.com/Files/PDF/Spenjurmunni.pdf
いわれなければどうみてもたぬき。






2008-12-03(Wed) 23:27| Les Petits bonheurs (小市民的幸福)| トラックバック 0| コメント 5

プロフィール

天真爛漫子

Author:天真爛漫子
セザンヌの街、Aix en Provenceの旧市街が大好きなスイーツ脳の子育て主婦。最近は細々と仕事気味。

『マルセイユ&エックスのおされスポット』『グルメ』『チョコレート』『音楽イベント』『ムスリム』『移民』『iphone』『アフリカの仏語圏』『ワイン』『ヨガ』『食べていくだけの小商い』『毎日の食事』『ヨーロッパのイスラム』『男子の子育て』など興味あり。Twitterはkonaritsでおります。Follow-meです。

職歴としてワインアドバイザー&ときどきヘリコプター関連通訳。京都時代は大阪税関でも取り調べ現場通訳経験あり。守備範囲はワインからヘリコプターまで。こちらのこちらのプロバンス地方のお店やレストランの紹介もこれからやっていきます。よろしくお願いいたします。

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。