Twitter

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

京都如月

如月の京都はかなりすいています。
交通渋滞もなし。
マラソンやって市内の交通を止めてもあまり不便に感じることもなく。
もしかして、日本の人口減ってきてるのかと思ったり。
到着2日目。家の中部分暖房の寒さがまだ慣れませんが、旧交を温めの如月弥生の旅、京都近郊みなさままたお声掛けてくださいね~♪

何が変わったかって?半年で変わることなんかなにもないけど、

2日目で時差ボケも酷く、あまり活動しきれてはいないが、さっそく、フランスではとりにくい、眼科医、歯科医、を飛び込みで訪ね歩く。(かかりつけ医は開業したての兄の診療所で、漢方薬、フランスのアレルギーの薬などを処方してもらう。ありがとう。それにしてもフランスの方が新薬をバンバン出してくれるのには驚いた。というか出し過ぎじゃないか。。フランスとも思えてきたが)

これでちょっと健康が戻った感じ。

自転車で廻ってて北山駅周辺のテナントがえらく開いているのにはびびった。
え?あそこのレストランもないし、ええ?あんな良い場所のお店が。。。と20年ぐらい前の北山駅開通時の北山駅バブルの頃を知る私としては感慨深い。某有名洋菓子店だけ、わざわざ買い物客を外にまで出てお送りしているマニュアルは変わってないよう。

ふと不動産屋をみるとによるとあのあたり、家賃はまだまだ高い。高くして開けるか、安くして誰でも入れて詰まらせるかは家主の判断でしょうが。この場所でこんな高くして、何を期待してるのだが。とも思ってしまう。

今日は曇りでカメラを持ち歩きにはなれなかったけど、この灰色のしめった空も素敵。


ガツガツとしたアラブ臭い地中海をしばし忘れ、しばらく、めかし込んだ観光客が桜の季節に訪れるまで、このしんきくさい京都に浸りたい。


スポンサーサイト

2009-02-23(Mon) 21:12| Reveil(日々覚醒)| トラックバック 0| コメント 3

またバカンスです

なぜかフランスは6週間ごとにバカンス。

明日からバカンスが2週間、で2週間後また6週間たつと2週間のバカンス。そして5月は休日がおおくて6月の後半はもうすでに夏休み。

なぜかバカンス前になると急に、仕事とか会いたい人の面会申し出があったりして、今回はぶっち。(ああ、せっかく数少ない仕事の機会なのに。やけくそ。仕事する気ないんやろと思われても仕方ない)

ということでまたバカンス。で今回は心は日本。いきなり明日は大阪について京都直。このノリにまたあえると思うとなぜか口ずさんでしまう。あああ。たこやき、懐石、牛丼とかラーメンなどの目に見えるものよりも、ずっとこのノリとこの空気が。。血が血が血が騒ぐ。





2009-02-20(Fri) 23:48| Sorties(遊山)| トラックバック 0| コメント 5

エルサレム

Mixiのマイミクさんよりおしえてもらった、スピーチの原稿。

あの村上春樹のエルサレム賞受賞スピーチの原文および翻訳
http://blog.goo.ne.jp/km_kenken/e/5acc83d1d1110496ae9c592a57019631

ふむ。

アホで疑い深い私は余計にわからなくなった。
賢い人はいいことを言う。

それにしても、


We must not allow The System to exploit us. We must not allow The System to take on a life of its own. The System did not make us: We made The System.

私たちは〈システム〉が私たちを食い物にすることを,〈システム〉がそれ自身の生を持つようになることを許してはならないのです。〈システム〉が私たちを作ったのではありません。〈私たち〉が〈システム〉を作ったのです。

<システム>とはなんなんだろうか。

またアホな羊は暗闇井戸につきおとされたのであった。


2009-02-19(Thu) 18:39| Preview(媒体見聞)| トラックバック 0| コメント 7

アル中について

Youtubeなどで中川財務相の酔っぱらい姿・・・ほんとに久々笑わせてもらいました。








アル中については、ご存じの通り日本人は寛容で、酔っぱらった千鳥足のサラリーマンが折り詰め寿司をもって楽しそうに帰る・・という図がなぜか幼い頃のバカボンだののマンガでも出てきたり害のないものとされる気がするのですが(実写版だと、植木等や伊東四郎が似合いそうな感じ、ああ、ふる)

やっぱり、やった場所が悪かった。やっぱり一神教の国が先進国メディアの価値観だから叩かれるのは仕方ないだろうけど。イタリアもフランスも実はワイン生産国ではあるがアル中に対してのアレルギーは日本のそれよりもかなり厳しいもの・・・飲むことには寛容なのですが、いわゆる燃費の悪い人がこちらでは有利で、酒に弱いへべれけには軽蔑に近いものを感じる。これはやっぱり文化差なのかもしれないとも思ったり。ま、日本でもおなじでしょうが、


そういえば、こっちの浮浪者って全部酒飲んでるんですよ。アル中。いきなり、バスを降りたバス停のボックスで寝袋で寝てたりしてびっくりすることがあるのですが、、、やっぱりネガティブなイメージがあるのかもしれません。


それでもあのビデオは大笑いで。。。その辺のお笑いよりずっとおもしろかった。楽しませてくれてありがとう、白川総裁?


2009-02-18(Wed) 22:37| Preview(媒体見聞)| トラックバック 0| コメント 9

10万円台切ったので

AirFranceの日本語サイトで2月中に日本往復のFixチケットが10万円を切っていたので発作的に買ってしまいました。ルフトハンザよりも、Air Franceのフランス語のサイトよりも為替の関係で安かったです。せこい話なのですが、ここまで価格が上下するとやっぱりふと安いときに帰りたくなります。

ということで21日より京都三昧です。

旧交を温めたく、みなさまよろしくお願いいたします。


2009-02-16(Mon) 15:02| Reveil(日々覚醒)| トラックバック 0| コメント 5

気分はルコルビジェ

IMG_0093.jpg              IMG_0085.jpg

一連の誕生日ラッシュのラストは次男君。

プレゼントの山は、よくないと、先日書いたばかり、そして、クリスマスから増え続けているレゴだのプレイモビルだの買い与えるのも芸がないなと、考えた末、一昨晩、空港ガレージを発泡スチロール厚紙で作ってみました。(かあさんが~よなべ~をして~)

(制作費6ユーロ、制作時間2時間ほど)

結構気に入った様子。芸も細かく、アンテナ、ヘリポートのHマークも作ってみた。下段の柱は丸でくりぬいたりして・・・日本で買ってきたコンパスカッターがここで活躍。これで芸を磨けば鉄道模型のジオラマ作りもできるかな。気分はルコルビジェ。

とにかく子供とは、小さくて高価なものよりも、とにかくカサのあるものを喜ぶんだと再発見。

早速楽しそうに遊んでる。よかった・・・

ということで次男も4歳。私も年をとるわけだ・・・


2009-02-10(Tue) 09:13| Etre Maman(親バカ)| トラックバック 0| コメント 6

介入してください

テレビ見ません。。。って日本でいうと「携帯持ってません」ぐらいの変わり者視線でみられるかもしれないけど、この国では別にテレビ見なくてもほんとにいきていけるとおもう節がおおあり。

それはインターネットの時代とか、自分が外国人であるというのもあるだろうけど・・・インターネットとラジオさえあればなんとか生きていける。


なんでかしらないけど・・・大河ドラマみたいなお金のかかったドラマもなく、BBCやNHK特集みたいなお金を掛けました的なドキュメンタリーもそんなになくて、凡庸。もちろんドラマも海外ドラマがメインで、はぁ。。。脱力。時間の無駄。子供向けアニメもほぼ輸入品にたよる始末。

アルテという教育テレビ的な例外はあっても、おもしろいよ、知的好奇心刺激されるよ・・・でもね。正直、一日の終わりの普通に疲れたときに見る内容じゃないし。

だから、ケーブルがあるんだろうけど、ケーブルはケーブルで多すぎて内容がなさすぎて。zappingの世界だし。正直我が家では夜8時からのニュースを40分見るためだけにテレビがあるようなモノで・・・とDVDはちびの愛用。

てなわけで、サルコジーがやってる、テレビ業界介入には国民は誰も満足していないらしいのですが。

Sondage: 52% des Français n'ont pas jugé Nicolas Sarkozy convaincant lors de son intervention radiotélévisée・・・・・

いや、介入してもらってください。

頑張って介入してテレビ業界を変えてぇ!

討論番組か歌番組かのスタジオの後ろに座ってアホみたいに笑う聴衆、あと、みのもんた的な大げさな同じ顔のおっさんが5,6人ほどこれだけで成り立ってるんじゃないかと思うフランステレビ業界。

私もテレビの専門家じゃないから知らないけど、ここまでおもしろくなければ安心してつけなくていられるからいいんだけどね。

ただ、この国も、遅れてるくせに、デジタル放送やってるらしんだけど、ワンセグアンテナとかも売ってるのかな?ヨーロッパの国はどうなの?今度調べておきまーす。



2009-02-06(Fri) 23:48| Reveil(日々覚醒)| トラックバック 0| コメント 4

日本力

日本のニュースからは非常にタイムラグがありますが、昨晩ふと京都市在住ノーベル賞科学者の日本語のスピーチをネットで聴きました。

http://nobelprize.org/nobel_prizes/physics/laureates/2008/maskawa-lecture.html

後半は専門過ぎてわかんなかったんだけど、前半の微笑ましいお父さんの話、そして、大学で「サイエンス」に目覚める節はなんか、普通のお話で聞き入ってしまいました。

留学もしないで日本語だけで日本語の環境でこの先生がここまでの業績を残せたのは、語学の才能の脳以外がピカいちだった上に、時代的に先生がバリバリしてた30年前などは、日本の学術力や経済力や国力がこの先生たちの時代には本当に良かったんだなぁと羨ましい気もする。

彼のコメントを読んでると「受賞対象になった論文は36年前だからそこまで感動してない」とのこと。クールすぎ。うれしくてもあんまり外に出さない姿は超カッコイイ。

ま、ABBAが今再評価されてるのと似てもいないか・・・

しかも、物理の世界でさえ変わり者で、またこのなかの変わり者、そして正直この変わり者と長年一緒につきあわされたまわりの人の苦労のほうが私には感動的。

当たり前だけど、ここまで偉い人ってずっとずっと謙虚に生きてらっしゃる気がする。

でもとにかく、よかったよかった。(やたら古いニュースに感動してすみません)


2009-02-03(Tue) 13:42| Reveil(日々覚醒)| トラックバック 0| コメント 5

プロフィール

天真爛漫子

Author:天真爛漫子
セザンヌの街、Aix en Provenceの旧市街が大好きなスイーツ脳の子育て主婦。最近は細々と仕事気味。

『マルセイユ&エックスのおされスポット』『グルメ』『チョコレート』『音楽イベント』『ムスリム』『移民』『iphone』『アフリカの仏語圏』『ワイン』『ヨガ』『食べていくだけの小商い』『毎日の食事』『ヨーロッパのイスラム』『男子の子育て』など興味あり。Twitterはkonaritsでおります。Follow-meです。

職歴としてワインアドバイザー&ときどきヘリコプター関連通訳。京都時代は大阪税関でも取り調べ現場通訳経験あり。守備範囲はワインからヘリコプターまで。こちらのこちらのプロバンス地方のお店やレストランの紹介もこれからやっていきます。よろしくお願いいたします。

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。