Twitter

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

バカンスざんす

IMG_0963.jpg


おひさしぶりです。
(って誰もよんでない?)

こちらは梅雨も夕立も何もなく、平凡な天気ですが、たまに、山火事や、高速道路の事故がある程度、で、今週一週間、家族旅行?で海水浴へ行ってきました。(ほんとに海水浴なの)

私たちが選んだのは京都から舞鶴へいく時間と距離でいけるモナコの先、イタリアの手前のモントン。近短安。海外なんて夢ですから。

Mentonモントンって言うと

『老人とレモンが採れる街』

ぐらいしかイメージなかったのですが、さすが腐ってもリヴィエラ。。

Cote d'Azuとは紺碧海岸。地中海のマルセイユから東のフランス領。そして、リヴィエラは、その先イタリアまでの海岸地帯のことを言うのですが、さすがリヴィエラ。

リヴィエラの海岸街は7,8月は毎晩がお祭り騒ぎ。毎晩が祇園祭な訳。つまり、普段は老人がフラフラ散歩しているだけの港町も、このときばかりはと、わっさわっさ商売に明け暮れる。正直疲れましたが、子供たちは毎日海岸で泳ぎまくって喜んでいた様子。

それにしても、ヨーロッパの上流~庶民のバカンスへの情熱は日本人にはわかんね。

異邦人仲間の家人君でさえやたらバカンス時は血糖値が高い。どうせ夏なんてすぐ終わるんだ。
夏期講習だ模擬試験だどうだと幼年時代を過ごした昭和生まれとしては、正直、いつも違和感のある夏休みなんだね。ま、どうでもいいけど。

さて滞在中、モナコにも車でお出かけしたのですが、世界恐慌って関係あるんか?おまえら?っていうぐらいロシアの成金さんやパツキンぱりぱりの売春婦さんがお仕事がんばってはりました。モナコって、イメージ、世界中のセレブ様なのですが、ここには住んでなくても金持ちが住民票を置きに来るわけだから、家を買ったり、借りてるわけね。てことは、住民であることの証明の家政婦が必要。だからそういう労働者がみえないけどセレブたんの何倍もいるわけ。もちろん、みんな有色人種よ。あたしやあなたと同じ。たまたま有色人種の夕涼みスポットに通りかかってしまい、マイ友人が言ってた香港のフィリピン家政婦の夕涼み情景を思い出したわさ。でもこっちは家族連れなのよ。なぜか。

こんな元祖格差社会を見ちゃうと、日本のパスポートを握りしめて「ありがとう、ご祖先さま」とあたしゃ、叫びたくなったよね。

モナコってぱっと見はほんとに素敵で素敵でデコレーションケーキみたいに美しいんだけど中はマフィアと銀行が喰いまくってる感がシュール。

それでも、元バブル世代女はちょっと観光して、道ばたで子供にピザ食べさせて帰ってきましてんけど。(レストランじゃないです。道ばたピザです)


さて、あとどうでもいいこと。

人生で初めて「くらげ」にさされて、カッコイイ海水浴場の監視員さんにお世話になりました。ほんと、あたし認定イケメン男子でした。うふ。これが一番の思いでだったり。ああ。中年欲求不満女はこれだから困る。


スポンサーサイト

2009-07-31(Fri) 22:56| Sorties(遊山)| トラックバック 0| コメント 0

アラブとアンダルシア

実は先日このコンサートに行ったのですが

http://www.festival-aix.com/index.php?id=65&tx_espectacle_pi1[uidSpectacle]=77&cHash=57b87e7dbb





よろしおっしゃろ。

アラブとアンダルシアは見事につながっているのだと妙に感動してしまった。サイババみたいなイラン人のおっちゃんと、コテコテのセビリアのジプシー姉ちゃんの歌だけ聴かせるコンサート。これ、フラメンコちゃいまんねん、詩吟。しかもみんな顔濃いし。きょえ~。

ミーハー(死語)にもヨーヨーマ先生のシルクロードプロジェクトのCDも持ってる身として、いいねぇいいねぇ。やっぱり、あのへんって、人間癖ありすぎてプライド高くてでも期待してきて苦手ですが、音楽は好きかも。


2009-07-23(Thu) 23:31| Sorties(遊山)| トラックバック 0| コメント 1

夏休みの目標

元旦に続き夏休みの目標!
9月までにやりとげたいこと。


★Summerを弾けるようになる。




★ラジオ体操第一を弾けるようになる



★大人の科学の付録を作る

http://otonanokagaku.net/magazine/vol16/index.html


作ったらその日に子供に壊されそうだけど、夏休みに1日でも集中して作りたい。お洋服はかぎ編みでも良いな。ってそしたらキューピー人形みたいになるかも。

★地味に仏検の勉強をする。

今回帰国時に買った問題集が4200円もしたので、地味に頑張ろうとおもってます。
実は私、15年ほど前に、DALFっていう仏語資格を取ったのですが、フランスじゃフランス語できてあたりまえですし、意味なし。とはいえ、まがいなりにも酒屋の副業でやってたことが通訳とはいえ、パッツンパッツンの金魚鉢ブースの会議通訳ではなく、ゆるめのセミナーや取り調べ会議等の逐次通訳をやってきた私として、こういう資格がないと、ついついエージェントは資格持ちへ依頼するようだし。仏語なんぞ稼げる資格でもないのですが、日本文化系には多芸の能なしがなにをするにも衰えないうちにエンジンふかします。


と思ったらもう、1ヶ月しかない夏休み。

焦ります。

今日はこちらの図書館でやっぱり原爆投下も近いので、はだしのゲンのDVD(アニメ)を借りてきたんだけど。子供はこわいと言ってみんな部屋を出て行く。まだ早いわ。ごめんよ。あと少ししたらまた見ようね。お母ちゃんは一人で見て、寝ます。それにしても、日本語で全部これらが字幕って言うことは子供向きってことではないんですね。(他に借りたのはBABEの豚さんの話。そいえば、昔、敬虔なムスリムは「三匹の子豚」も子供に教えないと聞いたことがある)

それにしてもこんな目にあってたのに日本ってやさしいよなぁ。

やっぱり唯一の被爆国って言う事実をもっと世界にアピールしないと。オバマも式典に来ればいいのに。ガーナの奴隷港を巡った次には、原爆記念館に来い。


2009-07-23(Thu) 22:17| Boulot(ガッツ仕事)| トラックバック 0| コメント 6

パンツの大きさ

ぼやきです。

欧州やアメリカで売っている女性用パンツ(ショーツ、パンティーというのでしょうか。時代を感じさせる言葉ですな。いまや)サイズは何でこんなに大きいのでしょうか。
水着を毎回買うときに、気をつけなければならないのは、上はサイズそのままでも良いのですが、下はワンサイズ下でないとはいた時点でヨレヨレになるのですが。皆さんもこういう経験ありませんか?
正直、中国製ならサイズも決まっており安心してしっくりくるのですが。いやはや。

そんなに西洋人たちっておしり大きかったのかしら。

でかい人はでかいですけどね。


2009-07-21(Tue) 22:12| Les Petits bonheurs (小市民的幸福)| トラックバック 0| コメント 1

5歳児の好み

くだらない親ばかはなし。ミーハー(死語)な長男(5歳半)に、好きな女の人のタイプを聞いてみた。テレビを見てると喰いつきで見ている女性が約ふたり。

クレールシャゼル

claire-chazal.jpg


フランス国営テレビのニュースキャスター。安藤優子的存在。胸元見せすぎのドン。理由は、幼稚園の先生に似てるから。夏休みになると、毎日のように夕方8時なるとひとりテレビの前に座ってニュースを見ている。園児。園児さん、最近はインドネシアの自爆テロ?のニュースに心を動かされていた模様。山火事のヘリコプターの映像なども大好き。私としてはこんな感じなエスタブリッシュメントなフランスパリジェンヌ女ってオヤジのアイドルという点で、TVタックルの阿川佐和子的な立ち位置。どんなスキャンダルがあろうと降板しない鉄の女。もう20年も同じ顔みているフランス国民の顔が見てみたい。

ルーシーリュー


lucy-liu-picture-1.jpg


ご存じ中国系アメリカ女優。理由は日本人と似てるから。こんな小さいのに自分がアジア人ってわかってるんやな。アホ映画「チャーリズエンジェル」みてたら、やたら彼女のことを気にしていた。一般的に美人といわれているキャメロンディアスより、アレックスやアレックスや。。って。それにしてもこんな子、あんたのクラスにはおらんな。


元気なのは良いですが、ちゃんと計画通りに、夏休みの宿題の七田式プリントと、カイエバカンス(夏休みドリル)してほしいんですけど。


2009-07-20(Mon) 09:37| Etre Maman(親バカ)| トラックバック 0| コメント 7

ピカソとセザンヌ

思いっきりプロからは酷評されているようですが、、、

http://shin-nikki.blog.so-net.ne.jp/2009-05-28

http://www.lemonde.fr/culture/article/2009/05/25/picasso-et-cezanne-une-confrontation-en-manque-d-oeuvres-majeures_1197699_3246.html

私のようなシロトには一粒で二倍楽しめる展覧会でございました。

私の場合、しかも近所のカルチャーセンターの招待枠で無料サービスプラスガイド付き。
(こぶ二匹もついでに)

ガイドさんが言ってたけど、二人は一度もあったことがなかったそうな。

ひとつの部屋に、ピカソとセザンヌが半々で存在するのは正直うるさい気がした。各絵画がメイン皿になりうるから。とにかく、ざわざわしてるのだ。そして、シロトにもわかるように、同じ展覧室のなかでも、壁の色を変えて、ピカソとセザンヌの区別がつきやすいようにしてある。これは、ルモンド酷評するって。これは田舎の思想だが、シロトは嬉しい。

ガイドさんの説明で、「これは偶然にもおなじモチーフですね」と言われると、そうかー。と頷いてしまう。それにしても1,2点あったピカソの美術学校での作品をみて、当時の美術学校の先生はこいつは天才だと感じたのもすごい。

いやはや。偉大な人は偉大な人を無視しあうのか。さすがの批評家もいうように「こじつけ」も多かった気がしたが、それはご愛敬。(セザンヌはいつもサンビクトワールの南から、ピカソは北からなど。あと、これがキュービズムでしょぉっていわれても。ええ?何が?)

市長の再選挙で揺れる地方の街の観光客のための展覧会としてはよく頑張ったのではないでしょうか。

もっと落ち着いてみたいのですが。

いづれ。



2009-07-17(Fri) 15:50| Sorties(遊山)| トラックバック 0| コメント 4

やっと復帰

やっと、プロバイダー、EDF、保険会社、銀行、とのやりとりが終わり、我が家に固定電話とインターネットが復帰しました。嬉しすぎて涙が出ます。この間、日本へ行って帰ってきたり、子供が入院しかけたりいろいろありました。

またぼちぼち書きます。楽しみ楽しみ。




2009-07-16(Thu) 18:44| Les Petits bonheurs (小市民的幸福)| トラックバック 0| コメント 9

愛を読む人 The Reading

飛行機の中で感傷。いや鑑賞。


さて、「愛」なんだけど、普通に現代は「the Reading」

(この映画にも子犬を連れた貴婦人が出てくる。あの、マストロヤンニの映画にも出てたよな。ほんとにあの映画の泥湯シーンはすごかった。さて)



タイタニックのお姉さんが、もっさりと良い女優さんになって。。ヌードの背中が。。。女優と思えないぐらい、普通。ただ、まぶたの開き方や閉じ方ででも演技が出来るようになったというか。ほんとに美人じゃないし、老けメイクもしっかり旨くて、あの白い血色の悪い顔で老いたマイケルの手を握り、振り切られる面会シーンが実際っぽくて泣かせた。積年の思いや悩みは手を握るってあげるだけじゃないんだよ。って言われてるようだった。

ある程度生きてると生活ってそのまま流れになってしまって、劇的再会シーンでさえその日常に組み込まれてしまうんだよね。美しくも悲しい時を経た再会でさえ淡々といきるだけの静かな流れなんだよね。。。存在は知ってたでもそれで?


ストーリーはまたでたっ!ナチ話なのですが、少年との逢い引き、朗読など、優雅な題材だと思う。バスの検札官の彼女と将来弁護士になる少年。とにかく画像の隅々までが切ない。ドイツの街角再現。などは本当に素晴らしい。俳優陣の洋服の生地の肌触り、街の石畳の歩きにくさまでしっかり伝わってきました。

ただね。正直出俳優がみーーんな白人なんで(時代背景上あたりまえなのですが)リアリティがないっつーか。しかもドイツのはずがみんな英語しゃべってるし。英語書いてるし。

ごめん。原作読んでないけど。

やっぱり東洋の血が流れているあたしには「眺めの良い部屋」的感情移入に時間が掛かる映画だった。

生物学的にたぶん人って同じ毛の色とか同じ肌の色とかの人の行動を目で追うように出来てると思うんだよね。そのターゲットを全くはずれてるから、内容が頑張っててもあたしはそんなに景色もみんな夢みたいに見えて・・・

でも苦い顔をする俳優達ってほんとにうまかった。おいおい泣くんじゃなくて、肌の乾き具合、つや、服の湿り具合、、で俳優たちの感情を出すという、素敵なメロドラマ。でも。主人公たちの苦々しい顔ばかりが多くて。。。

なんか、人間みんな切ないねぇ~。歴史って、一瞬なんやね。ほんま。あほみたいなコメントですが。白人も黒人も黄色もみんな切ない。マイケルジャクソンもそうおもってるやろな。

それにしても、こんな大事な話を軽々と娘に話す父親っているか?

私だったら話さない。

自分が消化し終わるまで。誰にも話せないよ。


2009-07-04(Sat) 15:27| Preview(媒体見聞)| トラックバック 0| コメント 3

プロフィール

天真爛漫子

Author:天真爛漫子
セザンヌの街、Aix en Provenceの旧市街が大好きなスイーツ脳の子育て主婦。最近は細々と仕事気味。

『マルセイユ&エックスのおされスポット』『グルメ』『チョコレート』『音楽イベント』『ムスリム』『移民』『iphone』『アフリカの仏語圏』『ワイン』『ヨガ』『食べていくだけの小商い』『毎日の食事』『ヨーロッパのイスラム』『男子の子育て』など興味あり。Twitterはkonaritsでおります。Follow-meです。

職歴としてワインアドバイザー&ときどきヘリコプター関連通訳。京都時代は大阪税関でも取り調べ現場通訳経験あり。守備範囲はワインからヘリコプターまで。こちらのこちらのプロバンス地方のお店やレストランの紹介もこれからやっていきます。よろしくお願いいたします。

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。