Twitter

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

友愛と博愛

友愛を翻訳すると

Fraternité

になるんですね。そいえば、フランス革命のコンセプトも

自由、平等、博愛?or 友愛?

だったのね。オスカル様とフェルゼン様のセットでこのあたしだって習ったわ。

友愛と博愛ってニュアンス違うんだけどな。フラ語ではないのかな。

ところで今日の本題。

そうそう、今日、へい!ユージンユージンとラジオから流れてきて、日本の跡継ぎ王子様(悠仁様)の名前ではないかっ!なにを、気軽に、しかも、呼び捨てに!と聞き直したら、秋篠宮さまの皇子のことじゃなかった。(あ、知ってた?)




少しこの人らのオーケストラはこんなこともやっており、悠仁様ソングがあるとは、彼らの戦略か。しかも発売は悠仁様ご誕生のあとだし。でふと関連画像を見てみたら、でもどう考えても、この曲は、ちょっっぴりへんてこなお寿司を外地で食べてる気分。なクリップ。

正直、NHK日曜お昼の『のど自慢』のブラジル大会でも出でもでれば結構良い線行きそうな。いろんなジャンルに手を出している精力的なバンドなのか?ま、とにかく。日本語が下手すぎる。一回聞いただけでは歌詞が理解不能。わかりません。何度か聞くとわかるのだけど。。歌詞は泣けてきますが、ジェロ君か、誰かに歌わせた方がずっとよさげ。




スポンサーサイト

2009-10-30(Fri) 22:33| Preview(媒体見聞)| トラックバック 0| コメント 2

雅子さん

雅子さんの映画を映画館で見た。

と言っても、あの方ではなく、日本人女性で初めて北極点に達したあの和泉雅子さんのほうなんだけど。


非行少女


1963年。ロケ地金沢。『非行少女』の意味が現代とあの時代では違うのでややとまどうが、彼女の演技にはびっくりした。日本の女優さんで、ここまで怒りや絶望を現せる10代の女優がいただろうかとおもうほど。

私は北極点以降しかしらなかったので、ころころ太ったそばかすだらけのおもしろいおばちゃんのイメージしかなかったのだが、そりゃ当時、吉永小百合と張っていたほどの女優であることがわかる。正直、ぽ~と着物を着て綺麗なお庭の前で座ってる吉永さんよりずっと迫力があって魅力的。

映画の内容は、昭和30年代の貧困の金沢の海岸の村の少女の生き様。今の非行は援交とかお薬とかだけど、昔の非行って生活のための女の子のパンパン化だったんですよ。ってちゃんと今の子に説明しないとだめかも。彼女は決して心が清らかなフランダースの犬のネロではなく、盗みや、変なバイトにも首をつっこむが壁をかきむしっても、けんかしても、座った目で生きることは諦めないしぶとい女なのです。


私が生まれる5年前の日本って地方格差や、金沢の海岸の朝鮮戦争の陰など、時代を感じます。


嫌われ松子の人生 東京オリンピック前夜版。


ってとこでしょうか。松子はぜったいこの話をベースにしてるのではないかと思われます。ただ松子より、だいぶ年下で15とか16とかの設定なので、お色事はおあずけなんですが。ラストの大阪へ働きに行った雅子さんの今後が気になるんだけど。福田和子になっててもおかしくないほど根性のある女性なので。

いつも思うのだけど、フランスの配給会社が選ぶのってやっぱり癖あるね。嫌われ松子の全仏公開を心待ちにするあたし。

ただ、仏語の字幕で初めて知りました。・・・・。

バーで絡まれたりして、彼女が叫ぶ

「このスケベ!」が「obsede!おぶせで!」になってたんですけど。これって、韻を踏んでるきがしてならないんだけど。


2009-10-30(Fri) 11:11| Reveil(日々覚醒)| トラックバック 0| コメント 1

どなたか教えてください。

もしかして、こういう素朴な疑問を抱くのはほんとうに、頭が「おこちゃま」だからなのかもしれないが、どなたか教えてください。

いわゆる後進国、(あえて言います、発展途上国の方が政治的に正しいのでしょうが)において、後進国のエリートや恵まれた階層の人っていったいなにしてるんでしょうか?

短い間でしたが、私が見た限りは異常なほどの格差を生むのは当たり前の話で、上は先進国の中流が想像できないほどの私腹を蓄え、あまり国民のために国をよくしようだとか、インフラを作ろうなどとそいういう気はさらさらないように見受けられましたが・・・

何で貧乏人怒らないの?

私みたいな、何も知らない脳天気な先進国の中流バカにはわからないですけど。多くの後進国のエリートたちが、「自分の国を良くしたい」っていう気もちがほんとに欠けてるんだなぁ。ってちょっとがっかりした。もしかしたらあるのかもしれないけど、あの、交通システムだとか、公共サービスの悪さを目の当たりにすると、どうでもよくなるのか。ふつーの教育のない貧乏人は原理主義だのそういうのに走ってしまうのかもしれないね。

いくら先進国の純粋魂が、援助だの、空気を動かしたいだの、意志に燃えていっても、あのメンタリティじゃなんか、動きそうにない。えりこさんは偉すぎる。

なんなんだろう。やっぱり教育なのかな。やっぱり彼女のような人が現場にもっといないとだめなんだろうな。

ほんと、頭がおこちゃまですが、どなたか教えてください。モロッコは好きな国ではあるのですが、いつも、帰ってくるたびに、国王と某隣国の将軍様が同じように思えて仕方ないのですが。


2009-10-26(Mon) 21:17| Boulot(ガッツ仕事)| トラックバック 0| コメント 4

埃まみれのモロッコ

モロッコに来ているのですが、これは、一応研修、そう本雇いを前提とした仕事のため。水曜日に到着、木曜日からガンガン現場で働いていたのに、土曜日になって急に現場の雰囲気が・・・パリのボス(グル?)が、大型契約のために、現地入りしてから急に空気が怪しくなった。

土曜日まで待ったのは、グルとしか、会話しない。というモロッコ側の意向(北朝鮮がアメリカとしか会話しないというのと同じか)もあり、先週までは、下っ端の私たちは普通にこれからの前提とした作業をしてたのだ。しかもほぼ完璧な形で。

あれ?昨日会議から帰ってきたグルの顔がやたら厳しい。

どったの?

直ボス(プチ管理職)に話を聞いてみるとモロッコ側との契約が最後の段階で覆されたらしい。いや、アラブ流だから、覆されるだろうという予定。

よってこの契約が取れなかったら、私を雇う必要がないらしい。

えええ?

話違うじゃん。グル!グルもしかして、私を雇う話ってずーっと仮定形だったの?直ボスも申し訳なげに話してくれるんだけど、直ボスもこの契約がなくなれば、潤いが寂しいらしく、かなりデプリメ(落ち込み)状態。てか、昨日の午後から、うちの会社の人全員デプリメ状態なんですけど。。

ま、いいけど。グルってやっぱり脳天気だったんだね。アーティストだから仕方ないっか。

私をここまで連れてきてくれたのもグルなんだけど、プラス私なんか、実家の母だのお咳をしている子供たち、近所の日本人のお友達などいろいろな人に迷惑かけて、この研修にやってきたのに。すごいショック。

ウルトラポジティブに考えれば、モロッコにこうやって研修できたのも日記の写真を更新するためのバカンスだけだったと思って、また明後日からAIXに戻ってお気楽主婦生活を再開?かなと、いまんとこ、すごい不安。あああ。

振り回された、私と、グルの会社のみんな。グルの会社もこの契約とれなかったらかなりの打撃。グルお金払えるんかい。

なんか、脱力。

これでまた家人の蚊の涙の給料と私の季節バイトで食いつなげる日々に逆戻り。高給取りじゃないけど、グルの会社に雇われて少しは自立できると思ってたのに。

あああ。気に入ってた職種なだけ、とても残念。また詳細報告します。




2009-10-18(Sun) 20:07| Boulot(ガッツ仕事)| トラックバック 0| コメント 2

フランダースの犬は教育的か?

日本語補習校から『フランダースの犬』の本を借りてきて、子供に読んで聞かせた。

子供は主人公が死ぬのが怖くて「もう、夜は読まないで」という感想しかなかったのだが、、、

改めてこの本を読んでみて(アニメ原作本なのか、なぜかアニメの話に忠実)死ぬ前に、コゼツの財布を雪の中で見つけてそれを犬に届けに行かせ、空腹のまま、絵を見て、そのまま死んでしまうのですが・・

マジ。

このお話って教育的なの?

自分がこれだけおなかすいてたら、生き延びるために、拾った財布で食べ物買いに行く方が先じゃないの?それでもこの人バカ正直に返しにって自分が死んでたら何にもならなくない?生きてるからこそ、絵も描けるし、絵も見に行ける。あたしって即物的?

生きるか死ぬかの時は、それでも生き延びる知恵を授けてやりたいと母は思うのですが。

考えるなぁ。。

映画『ミッション』的、神様と自分の関係に疑問を投げかけてくれるお話でした。


2009-10-12(Mon) 22:17| Kyotoise(京女ぼやき)| トラックバック 0| コメント 1

内容証明届く

子供の足音がうるさいと言うことで、下の住人夫婦から配達内容証明の手紙が届いた。電報のような、長い手紙で、サインは書いてないが、<一枚目終わり>だのが刻印されており、普通じゃないのが明らかだ。我が家に到着する前一週間かかっている。というのも、一度、配達夫が来たときに、不在だったのもある。

不在届けに、半年前に頼んだ、銀行の小切手がやっと届いたのかなと、心弾ませ郵便kんよくで受け取り、即、封を開ければ、差出人と住所が同じなので、私が書いたの?え?住所同じ?あ、名前が違う。

下のおっさんやん。

「私たちは数回にわたり、お宅の子供たちの騒音について直接文句を言っているが、先日、子供たちがうるさくしているとき、私がお宅のドアをノックしたときに無視した。ということは、親であるあなたは子供の騒音に関して無関心であると言うことは、1995年に騒音条例?という法律に反するものであり、場合によっては云々」

一度、騒音防止天井を取り付ける話をされたことがあったので、てっきりそれかなと思ったら、違ってちょっと安心した。

安心はできないが。。。

正直、注意は謙虚に受け止め、対処したいとは思っているが、、・・自分たちの騒音はひどいものだが、他人の騒音には敏感になるらしい。彼の日曜大工の工具の音といったら、そんな比でもない。

実はここの人たちかなりのお騒がせ者で、先日も、レジデンス中(アパートの棟の集合体ですね)に

「私の妻が、ぜんそくなのは、杉の木せいだといわれました。よって、レジデンスにあるすべての木を切り取るための投票用紙を配ります」

など、とんだもない自主投票をサンジカ(住民組合)通してやってくれるものだから、サンジカに理由を聞きに行ったら

「住民投票をしないと、朝から晩まで電話をかけてきたり、基地外夫婦が組合を脅すから、投票用紙を配りましたが、どうぞ、無視してください。木を切るだなんてもってのほかです。」

とのこと。

ったく。こういうものは無視に限るが、階段で会ったときに普通にボンジュールをお互い言わないような関係はやっかいである。

ま、くだらない日常の悩み。

家人は、一度、「そういうことを言うのは、もしかして、人種差別入ってませんか?」と、わざと挑発して大げんかをしたことがあり、もう、泥沼。どうせ忘れてるとは思うけど。

正直、この夫婦と階上下になってしまったのは不幸である。



2009-10-10(Sat) 19:57| Reveil(日々覚醒)| トラックバック 0| コメント 6

はんこやさん。

hanko.png

このサイトで私のはんこを作ってもらいました。
ひらがなや、カタカナを認識しないのが残念。
漢字名のかたのみ使えます。



2009-10-08(Thu) 21:20| Les Petits bonheurs (小市民的幸福)| トラックバック 0| コメント 4

Always3丁目フランス版

子供が見たがってたので、(多くの親が言う言い訳)噂の映画、『プティニコラ』を鑑賞。



Always3丁目のフランス語版です。(Always見てないけど)
みんないい人、みんなおちゃめで、良い時代。

離婚してないパパとママ、パパは中間管理職、リストラの心配もない。社長の顔色をうかがってるだけ。ママは専業主婦。おうちのなかでもお化粧している。ケーキも焼いてくれる。家の中のインテリアはすべて、モダンな50年代風。

僕の学校も良い友達や優しい先生に囲まれて。もちろん学校にはマグレブなんていません。いたずらいっぱいするけど、基本的にみんな仲良し。半ズボンファッションに、ハイソックス。某京都の私立小学校の制服ですやん。あくまで、悪ガキ仲間もクラシックに、お坊ちゃんやおデブもしっかりグループにいるし。最後はシャンシャンでハッピーエンド。エッチな表現下品な表現ネタはいっさいなし。

到底、今のフランスじゃ考えられない背景ですが。

とにかく、この映画の言葉遣いがきれいでした。

日本で正しい仏語を習った私(私の仏語はストリート仏語ではないのだ)がお勧めするほんとにクラシック仏語だけ。外国人にはめちゃくちゃわかりやすいです。

あと、5年ほど前に、妙にはやった「レコリスト」(コーラスの映画)のパロディもあったりして。意外と笑えます。

昔は単館系映画専門の私で、こんなグランドパブリック的な映画は正直避けてたのですが、最近、暗い映画だの、社会問題を考えさせらる映画だの、正直、そんなもんになんで金払わなあかんねん。と思えるようになってきました。

社会問題だとか、倫理の話だとか、もう、現実でもうたくさんで、毎日の暗いニュースや、テレビのドキュメンタリーなんか見たらもうおなかいっぱいで、ぐったりするのに、なんで映画館までいって、落ち込みにいくの?って思うようになってきて・・・

金満名誉欲の映画監督や、ドラッグまみれの俳優が、うわべだけの社会問題を訴えてどうなの?そんな映画に金払って、説教されるほど暇じゃないの。と真剣に思えてしまうのです。いや、正直、超マイナー国の映画か、前向きなアホ映画しか、今は見たくないというか・・


これって老化現象でしょうか?

ということで、お金払って見る映画は「底抜けに明るく。楽しく。明日もがんばろうと思える映画」しか見ないように心がけてるんですけど。ひがみ根性ですか?しかし、これは図星に良い映画。子供もみんな大満足。良い水曜日が過ごせました。

来週はまた違う図書館でDVD借りましょう。




2009-10-07(Wed) 20:04| Preview(媒体見聞)| トラックバック 0| コメント 6

ファックスしか操作できない人でもOK

秋のお買い物第一弾は台湾へゴー

今日の満月の夜のお買い物はこれ。

これをネットで台湾の業者から、購入
一台は京都の実家へ。
そして、一台はこちらへ。

ヤフーBBのADSL環境にある京都の実家とfree環境が復帰した我が家にこの機械をオン状態にしておけば、監視いや、離れていてもお互いを緩く、無料で見守ることができる。孫の顔も毎日見られる。(とそそのかした)つまり、小さなスカイプビデオ電話機能特化パソコンなのだ。

この機械のいいところは

・いちいちパソコンを立ち上げなくても良い(この機械がビデオ電話だからね)
 しかもワイヤレス。
・この大きなボタン操作のみでビデオ電話ができる
・ビデオ電話料金はもちろん無料

正直、超実家向け。ボタン操作のみでスカイプって夢じゃん夢。









この機械を親戚宅や事務所と共有し、オンにしておけば、あの名女優大原麗子さんだって、もっと発見が早かっただろう。使いようによっては防犯にも監視にもなるし。セコムだって要らない。(wifiなどのネット環境が基本ですけどね)



ある知人の方が日本のお母様との連絡につかっておられ、「あんたもつかってみ」と言われたので買ってみたんだけど。

画期的商品に到着が待ち遠しい。

お買い物第二弾は香港のサイトへゴー!




2009-10-05(Mon) 00:26| Les Petits bonheurs (小市民的幸福)| トラックバック 0| コメント 5

あきらめも大事なの

le monde で、かなり日本のあきらめムード、鮮明です。日本の新聞でここまでイケズを今の時点ではかけないでしょうけど。

外人記者「なにしにコペンハーゲンまできたのよ?」
日本人「お寿司食べによん」
よう、ゆうた・・・・都民の税金やで!!!!都民怒りなはいや!

競輪が世界で知られようと、石原さんが50万本木を植えますってゆうても。。。天皇陛下がオリンピック招致の応援団に入らないとって。

http://www.lemonde.fr/sport/article/2009/10/01/les-japonais-ne-croient-plus-guere-aux-chances-de-tokyo_1247882_3242.html

マイケルジョーダンとオバマと、スペイン国王がきたからって、なんで天皇をよばへんのやって・・この記者わかってはらへん。オリンピックごときで天皇が動くと思ってるのかなぁ。それにうちらのプリンスそこまで運動神経よさげでもないし。どうせなら、元オリンピック選手の麻生元総理とか?

なんか、寂しいなぁ。でも、私的にシカゴより、リオがいいな。なんとなく。


2009-10-01(Thu) 22:10| Preview(媒体見聞)| トラックバック 0| コメント 7

プロフィール

天真爛漫子

Author:天真爛漫子
セザンヌの街、Aix en Provenceの旧市街が大好きなスイーツ脳の子育て主婦。最近は細々と仕事気味。

『マルセイユ&エックスのおされスポット』『グルメ』『チョコレート』『音楽イベント』『ムスリム』『移民』『iphone』『アフリカの仏語圏』『ワイン』『ヨガ』『食べていくだけの小商い』『毎日の食事』『ヨーロッパのイスラム』『男子の子育て』など興味あり。Twitterはkonaritsでおります。Follow-meです。

職歴としてワインアドバイザー&ときどきヘリコプター関連通訳。京都時代は大阪税関でも取り調べ現場通訳経験あり。守備範囲はワインからヘリコプターまで。こちらのこちらのプロバンス地方のお店やレストランの紹介もこれからやっていきます。よろしくお願いいたします。

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。