Twitter

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

ビンボー人の味方iPhone

私の生活の中にiPhoneが入ってきて約一ヶ月。世界が変わったと言っても過言ではない。
最初は、こんな田舎のバイト主婦にはもったないと、思ってたんやけど。いやこれは、ビンボー人の強い味方ではないの!

あたしが買ったシムフリーに限って言うと、キャリア契約なし、wifi借りまくり。無料ソフト探してDLするだけ。。。

明らかにビンボー人行為ですが、最初の本体代の元は充分とれた気分。

この発想自体がさもしいけど、wifiSkypeだとか、盛りだくさんな、このおもちゃは暫くハマれそうです。

スポンサーサイト

2009-11-30(Mon) 01:07| Les Petits bonheurs (小市民的幸福)| トラックバック 0| コメント 5

一神教とそれ以外

ずっと気になってたんだけど、先日小沢さんが「キリスト教やイスラム教は独善的で排他的だ。このために欧米社会は行き詰っている。ざま~みろ、その点 仏教は度量の広い宗教だ」と高野山で語った件について。

少し言葉が足りなかったように思う。

一神教のみなさんっていわないと

一番非常識なユダヤがいるじゃん。てかみんな、過激だけど、一神教って。またイスラエル、領土を広げていくらしいよ。住宅がんがん建てるらしい。なんか、世界恐慌どころじゃないこの景気のよさ。うらやましい~。一神教っていっぱいあるとおもうけど、やっぱり基本は三つ揃えで、いわないと、団子三兄弟。一人かけるとちょっとバランス悪い。

ユダヤってなんでいわなかったのだろう?

忘れただけかな。ほんまにぃ?


それにしても日本の住職。ええ身分やなぁ。
http://moneyzine.jp/article/detail/169093


2009-11-23(Mon) 22:37| Les Petits bonheurs (小市民的幸福)| トラックバック 0| コメント 0

世界中のCDを月1500円でダウンロードし放題

すごいサービスとだと思うのだけど。

こんなことして、CD業界つぶれないんですか?


http://www.deezer.com/en/premium


Youtubeの説明によると、つながってなくてもダウンロードして聞ける。音質はCD並。のが良い。あと、7日間はお試し期間。あと、一ヶ月後に解約しても大丈夫って?継続契約の必要無し。iTunesでも一曲150円とるんだけど。。。これってどうゆうことよ?一ヶ月ダウンロードし放題でこの値段?

というのを何度も強調してるし。ほんとうなのでしょうか。まだ仏語ネット上でも経験者が少ないようで、結果を見てから?かな。

先日久々FNACのCDコーナーへ、子供の好きなAndre RieuさまのCDを買いにいきましたが、(この人って編曲がすべて、運動会でスピーカーで流れてるあの感じ)

今CDってフランスでも安いんですね。普通にクラシックで5枚入りが10ユーロとかで売っててビックリしました。もちろん、有名レーベルではありませんが。

あと、クラシック売り場のなんと素敵なこと!グラムフォン的なジャケ写真っていまウケないんでしょうか。まるで、福原哲郎の選挙ポスター的(しらんだろ、京都人しか)Madonnaジャケ写真のパクリみたいな写真ばっかりで。結構新鮮。写真が見事にPhotoshopなの。たとえば、あの、武満と小沢のセプテンバー?的なああゆう白髪一本まで見えてます。なジャケ写真は我が街のFNACでは売ってませんでした。古い昔からのクラシックファンからすれば冒涜なのでしょうね。いやはや。時代は変わりましたよ。あたしもビックリ。でもクラシックってMp3とかで聞いてどうなんでしょうか?また教えてください。

なわけで。iPhoneを手に入れて毎日音楽づいてるあたし。もちろん、今のところ、無料のPodcastで楽しんでいますが、人生変わるほど日本の情報ってすごい。勉強になります。





2009-11-19(Thu) 00:00| Les Petits bonheurs (小市民的幸福)| トラックバック 0| コメント 2

デフォルト本名

それこそ、ほんのすこし前まで、FacebookやTwitterやMixiが、なかったころ、いや、もっと前に遡れば、Ninja termでNiftyパソコン通信を使っていたころ(知らんやろ、今の20代)の会議室などは、ペンネームばかりでみんなが参加していて、オフ会などがあると、

「あ、ひろさん、元気ですか?」

「あ、ゆりかもめさんって、女性じゃなかったんですね」

とか、そういう会話が繰り広げられていたものだが、今のFacebookにしろ、Twitterにしろ、全部本名がデフォルトなんですね。よほどの犯罪者でないかぎり?そうなのかしら。私がこういうネットワークを使い出したころは

「偽名を使わないと、君の情報が全部垂れ流しになって、とんだもない、DMやストーカーがくるぞ」

などと、アドバイスしてしてくれる人もいたものなのに。そいえば、その当時はあたしも独身だった?いやそういう、理由じゃない。本当に本名が多い気がします。最近は。


それにしても、今の時代、どうなんでしょ。本名を使ってガンガンネットワークに参加し、ブログを燃やされてもそれを糧にする積極派と、会社の目が怖くて、ペンネームで遊んでる派と。。。そんな感じになってきたのかな。






2009-11-15(Sun) 22:16| Reveil(日々覚醒)| トラックバック 0| コメント 0

フラメンコアラブ

最近、毎日かけてるCD曲なのですが。



ジプシーキングよりももっとアラブ寄りですが、どこか東洋的なものさえ感じたりします。スペインはやっぱりカスティージャ以南はやっぱりアラブなのね。アラブ毛嫌いしてもやっぱりこの辺の音楽は好き。


2009-11-14(Sat) 23:41| Preview(媒体見聞)| トラックバック 0| コメント 4

Twitter

Twitterにはいってみた。

意外に身近な人が、意外なつぶやきをしているので少しビックリした。

Mixi的な閉鎖空間なイメージがする。決してFacebookのように、知らない人からじゃんじゃん、お友達申請がこないのが安心していられていい。もうすぐFacebookも日本法人ができるらしいけど、Facebookになぜみんな本名でコミュニケーションしたがるのかほんとにわからない。警察の捜査などもすごく入り込んでるらしいし、ある意味、個人情報のただ売りみたいなネットワークで、誰が一番儲けてるんだろう?って考えたとき、広告屋?なのか誰なのか?そんな広告屋が純利益赤っていうニュースを読んでまたわからない。


ということで私のIDは

murasakisakura です。

暇なかた、今後ともよろしくね。

こういうのって、ブログ然り、他人の領域に入り込むようでなんとも不思議な気持ちになる。

ブログの登場時、秘密日記を覗き見しているような、(今やみなさん公開日記ですけど)不思議な気持ちになったものだ。

今やつぶやき、つまり、日記のあいだの息まで聞こえてくる。

一般人の個人発信って新聞の一行に比べるとやっぱり無力だなと思いながらも、それでも村の長老レベルの達観発言などはおもしろい。社会的地位もネットで各人みんな嗅ぎ分けているわりに、自分の感性にそぐう発言者などは社会的地位など関係なく、注目してしまう。そういう人を見つけるのが一番楽しい。

暇やな。あたし?え?




2009-11-13(Fri) 09:06| Kyotoise(京女ぼやき)| トラックバック 0| コメント 4

口呼吸

日本の携帯事情に疎かったのですが、この記事を読んで今の日本の2頭キャリアの方針がなんとなくわかってきました。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0911/10/news128.html


ふーん。私は口呼吸ですか。Wifi頼りですもの。3G普通に高いし、とにかく、戸籍入籍の結婚みたいなんで実は抵抗があったりする。離婚も大変そうで。お墓ももめそうで。でしかも、実はそんなに精力は強くなかったりもする。(ははは。おばさんギャグ)でも、どこでも繋げられるという安定感だけはとても魅力的。

その点、Wifiは、はかない恋愛関係というか。。。マクドナルドやそういうところは別として、wifiってあかんかったらかんし。ちゃんとパスワードを持ってても、そのwifiキャリアのいるところでないとだめだし。調子いい時はめっちゃいいんだけど、悪いときはヨレヨレ。

しかし、Wifiと言う言葉、昔は無線LANという言葉の同義語でしたがまたちゃんとした定義にかわりつつあって感動。

あと、ソニエリっていう略語を始めて学びました。それにしても、ソニー。

フランス語で、『ウォークマン』のことを、バラダーっていうのですが、これは、Balladerという(「男たちのバラード」と同じ?)歩き回るという動詞が語源なのです。これは、『ウォークマンソニー』に与えられた準固有名詞なのです。

ただ日常でまだまだこの人たち、iPodやMP3の携帯音楽のことをまだ、バラダーっていうのにはちょっと違和感を感じます。ネピアでもクリネックス、ニチバンでもスコッチっていうと同じ感覚なのでしょうか。

そいえば、i-modeってどこにいったんですか?私はi-mode全盛期を覚えていますが。

いつのまにか、ソニーアズナンバーワンだの、ノーといえる日本全盛期に思春期を過ごした私たちの世代にとって、電気製品の国だと思っていた日本がデジタルコピーの波にまけ、携帯の世界標準の波にも乗れず、ほんと、時代も変わったなぁとしかおもえません。

ただ、日本の携帯形式はちょっと遅れてるかもしれませんが?社会全体が携帯を利用している点では、ヨーロッパのそれよりもずっと進んでいると思っています。携帯ネットオークションや市バスの時刻表など、生活していて役に立つことが多いんですよね。その点、ヨーロッパはなんとなくビジネスマンや若者などのヘビーユーザー向きっていうかなんていうか、振り落とされる連中も多い気がするんだけど。

あたしなんて振り落とされてる連中だしね。(だって、未だに携帯契約は高校生向きの上限付きですもんトホホ)

口呼吸だけも辛いんだけどね。でも、それでも生きていけるからそれでいいっか。


2009-11-11(Wed) 12:15| Les Petits bonheurs (小市民的幸福)| トラックバック 0| コメント 0

大徳寺 in paris

ZENZENって、カフェから美容院から、携帯電話の契約名まで 。
街を歩いてると、だいたい、エステティックサロンはすべて、禅系のデコレーションから
コンセプト禅。背中に暖かい川原の石おくだけで一時間60ユーロの禅コースのできあがりでございます。もちろん脇には、万年竹の花瓶が。

そんな、固有名詞をなんでもかんでもつけるのは、仏人や伊人が日本人や豪州人をばかにした、生産地呼称偽装こと、豪州パルミジャーノ、小岩井カマンベールと同罪であるとお前らに言いたいのだが。(全然違うって)


そんなことをいってるうちに、

京都大徳寺の連中のアナーキー連中がパリでお茶会禅シンポジウムだって?

http://www.lessensduzen.com/

息子の保育園の托鉢お兄ちゃんやん。
かっけー。
ガンガン見せつけてやってください。

禅アナーキー!いえい!

お坊ちゃんって何でも桁違いなので、そこいらのチンピラなちんたらパリジャンなんかよりもちょっとかっこいいかも。もちろん、毎朝のお勤めから、年功序列の組織だし、一応しがらみのなかに生きてはるんで、おもろすぎ。しかも裸足で歩くから、歩き方が退廃まがいの酔っ払い半薬漬けアーティストとは違いますし、東映村の坊主エキストラともちょい違う。(ほんとに歩き方は人を語ります)それにしても、勉さん。きはるんや。お会いしたかったなぁ。また、京北町の家の飲み会呼んでください~。元府立大横の中華、ZAPPA以来です。

しかしあんたら、祇園の水とちごてセーヌ川で何をするんよ。

めちゃきになる。声明(しょうみょう)とか?あーうーあーうーってドイツじゃモスクの音がうるさくて騒音騒ぎだとさ。ケケケ。

歌舞伎パリ講演が、林真理子系着物女の溜まり場なら、こっちはセーヌ川の川原の乞食しかいかんのとちゃうか。ああ。あたいもいきたいお。

乞食やのにそんなこというて、この人ら、日本の特権階級やから。だから禅はアナーキー。


2009-11-06(Fri) 11:32| Les Petits bonheurs (小市民的幸福)| トラックバック 0| コメント 5

よいとし

一昨日のお誕生日に、既知の友人、新しいネット友人からもたくさんおめでとうメッセージをいただいたり、リアル友からもおめでとうをいただいたり、ほんとうにありがとうございました。

一年一年いかに自分を満たすことができるか。

これかも、来年の11月4日とは同じ中身でいちゃいかん。

ことしは語呂よく【よいとし】の予定。

なによりも、気持ちよく、正しくいきていきませう。


2009-11-06(Fri) 11:21| Les Petits bonheurs (小市民的幸福)| トラックバック 0| コメント 3

博愛と友愛2

博愛と友愛の違いについて、こちらで法律を学んでらっしゃる翻訳家のネット友人に尋ねたところ、軽く


引用
==================
友愛と博愛は日本語でも意味が違うけど
フランス語だったらfraterniteとphilanthoropieになると思います。
昔メールマガジンをやってた時に、フランスの三色旗の色の意味を
「青=自由、白=平等、赤=友愛」と書いたら
「赤は博愛だろ」と複数の方から指摘がありました。
その時自分がどう答えたのかもうはっきり覚えてないんですけど
「赤=博愛」とおっしゃる方は教科書にそう載っていたと根拠を示している人が
多かったと記憶しています。

(中略)

ただ、鳩山さんの場合、言葉こそ「友愛」だけどその中身はむしろ「博愛」に近いのではないかなという気もします(私の誤解か?)。
むしろ「博愛(ただし同胞に対する愛情は薄い)」という括弧つきのほうが正確なのかも・・・と思えてならない今日この頃。たしかに、こんな友愛(または博愛)だったら、他のどの国にも存在しないし、これまでの日本にも存在していなかった(と思いたい)。

仏語メディアがfraterniteを使っているのは、日本特派員がそのように書いてるからってのが理由だろうし、日本特派員も鳩山さんの友愛の深い意味まではよく知らないで(あるいはメーソンの噂もあるから、そっちからfraterniteを連想?)この単語を使っているだけではないか、などと無責任に妄想してます。
=================
(引用終わり)

と、かなり早いレスをありがとうございました。

私が彼女のメールで分かったこと。

*フランス語にも博愛と友愛の単語の意味の違いがあること
*仏メディアの博愛翻訳は最初の人の翻訳ミス?によるもの

ということです。私も教科書か、ベルばら教科書では博愛と記憶しておりました。ふたつも賢くなったよ。ありがとうございます。外国メディアはなにかとわかりやすく書きたがるもので、こちらでは、鳩山さんはかなりの「左」扱いです。左も右もなくなったこの2009年に未だに左右と表現したがるフランスの雑誌っていったいどれだけ相手にしている読者が単純なんだって思いますけど。

昨日よりiPhone生活(しかもキャリア契約なし高級iTouch生活)が始まり、wifiのみですが、かなり楽しいです。子供のソフトなどのDSLite時代に比べるとずっと充実。おこちゃまの計算ソフト、国旗ソフト、ヤフーキッズもダウンロードして、子供対応もOK。大人はcookPad、ヨガ程度でおしまい。やてることはほとんど、DSと同じですが、ダウンロード無料ソフト。充実しすぎ。

こうやってだんだんノセられアホになっていくんやろうか。いやそれでも、この発明はすごいです。


2009-11-02(Mon) 18:27| Les Petits bonheurs (小市民的幸福)| トラックバック 0| コメント 4

プロフィール

天真爛漫子

Author:天真爛漫子
セザンヌの街、Aix en Provenceの旧市街が大好きなスイーツ脳の子育て主婦。最近は細々と仕事気味。

『マルセイユ&エックスのおされスポット』『グルメ』『チョコレート』『音楽イベント』『ムスリム』『移民』『iphone』『アフリカの仏語圏』『ワイン』『ヨガ』『食べていくだけの小商い』『毎日の食事』『ヨーロッパのイスラム』『男子の子育て』など興味あり。Twitterはkonaritsでおります。Follow-meです。

職歴としてワインアドバイザー&ときどきヘリコプター関連通訳。京都時代は大阪税関でも取り調べ現場通訳経験あり。守備範囲はワインからヘリコプターまで。こちらのこちらのプロバンス地方のお店やレストランの紹介もこれからやっていきます。よろしくお願いいたします。

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。