Twitter

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

大衆読書


白夜行 (集英社文庫)白夜行 (集英社文庫)
(2002/05/17)
東野 圭吾

商品詳細を見る


ヒガシノケイゴ、ヒガシノケイゴと有名なので読みました。先日の補修校のバザーで買ったんですが。

日本語の本をじっくり読むのは久しぶりという恥ずかしい生活なもので。とほほ。

ドラマ化してたのは今知りました。流行ったのね。。数年前。しかししかししかし。。

正直、ドラマ化する価値もあるのかどうか。。。

女性が主人公なのですが、やはり「悪女」を男性が描くときはやはり夢が含まれていて甘いですね。悪女を描くのは知り尽くした人でないと。この作家さんは悪女に対して夢を抱きすぎていて、気持ち悪いのです。

おやじがミステリアスな美人に抱く感情が決して屈折さえもしてないのがヒガシオさんのいいところなのでしょうか。もしかして、ヒガシオさんってすけべじゃないのに大衆作家なの?

ツンデレタイプの女はレイプしたら弱くなるだとか、どんな男も中絶を見せたら骨抜きになるだとか、このようなイベントが何回も使われるのには読者も飽き飽き。

レイプされて、生まれ変わり、新しい人生を歩む女や

中絶させられ、殴られ捨てられてもへらへら笑いながら生きていく女とか、現代小説には必ず良そうなキャラがひととりもいなくて、まるでスーパーマリオゲームのように消えていく。

こんなヒガシオの昭和30年の少年雑誌的な社会価値観にうんざり。みうらじゅん的に少年雑誌をうよまなかったんだろうね。

背景時代がバブル前夜とはいえ。

なんだったのよ。。。

ただ、主人公のおねえさんはなんとなく、画家の松井冬子みたいな、キャバ嬢でも画家でも通じるようなあの感じが想像できたり。

どうでもいいけど、どうでもいい本です。でも読みたい方がありましたら貸してあげます。どうぞお気軽に。

スポンサーサイト

2010-06-18(Fri) 11:59| Preview(媒体見聞)| トラックバック 0| コメント 3

プロフィール

天真爛漫子

Author:天真爛漫子
セザンヌの街、Aix en Provenceの旧市街が大好きなスイーツ脳の子育て主婦。最近は細々と仕事気味。

『マルセイユ&エックスのおされスポット』『グルメ』『チョコレート』『音楽イベント』『ムスリム』『移民』『iphone』『アフリカの仏語圏』『ワイン』『ヨガ』『食べていくだけの小商い』『毎日の食事』『ヨーロッパのイスラム』『男子の子育て』など興味あり。Twitterはkonaritsでおります。Follow-meです。

職歴としてワインアドバイザー&ときどきヘリコプター関連通訳。京都時代は大阪税関でも取り調べ現場通訳経験あり。守備範囲はワインからヘリコプターまで。こちらのこちらのプロバンス地方のお店やレストランの紹介もこれからやっていきます。よろしくお願いいたします。

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。