FC2ブログ

Twitter

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

Always3丁目フランス版

子供が見たがってたので、(多くの親が言う言い訳)噂の映画、『プティニコラ』を鑑賞。



Always3丁目のフランス語版です。(Always見てないけど)
みんないい人、みんなおちゃめで、良い時代。

離婚してないパパとママ、パパは中間管理職、リストラの心配もない。社長の顔色をうかがってるだけ。ママは専業主婦。おうちのなかでもお化粧している。ケーキも焼いてくれる。家の中のインテリアはすべて、モダンな50年代風。

僕の学校も良い友達や優しい先生に囲まれて。もちろん学校にはマグレブなんていません。いたずらいっぱいするけど、基本的にみんな仲良し。半ズボンファッションに、ハイソックス。某京都の私立小学校の制服ですやん。あくまで、悪ガキ仲間もクラシックに、お坊ちゃんやおデブもしっかりグループにいるし。最後はシャンシャンでハッピーエンド。エッチな表現下品な表現ネタはいっさいなし。

到底、今のフランスじゃ考えられない背景ですが。

とにかく、この映画の言葉遣いがきれいでした。

日本で正しい仏語を習った私(私の仏語はストリート仏語ではないのだ)がお勧めするほんとにクラシック仏語だけ。外国人にはめちゃくちゃわかりやすいです。

あと、5年ほど前に、妙にはやった「レコリスト」(コーラスの映画)のパロディもあったりして。意外と笑えます。

昔は単館系映画専門の私で、こんなグランドパブリック的な映画は正直避けてたのですが、最近、暗い映画だの、社会問題を考えさせらる映画だの、正直、そんなもんになんで金払わなあかんねん。と思えるようになってきました。

社会問題だとか、倫理の話だとか、もう、現実でもうたくさんで、毎日の暗いニュースや、テレビのドキュメンタリーなんか見たらもうおなかいっぱいで、ぐったりするのに、なんで映画館までいって、落ち込みにいくの?って思うようになってきて・・・

金満名誉欲の映画監督や、ドラッグまみれの俳優が、うわべだけの社会問題を訴えてどうなの?そんな映画に金払って、説教されるほど暇じゃないの。と真剣に思えてしまうのです。いや、正直、超マイナー国の映画か、前向きなアホ映画しか、今は見たくないというか・・


これって老化現象でしょうか?

ということで、お金払って見る映画は「底抜けに明るく。楽しく。明日もがんばろうと思える映画」しか見ないように心がけてるんですけど。ひがみ根性ですか?しかし、これは図星に良い映画。子供もみんな大満足。良い水曜日が過ごせました。

来週はまた違う図書館でDVD借りましょう。

スポンサーサイト



2009-10-07(Wed) 20:04| Preview(媒体見聞)| トラックバック 0| コメント 6

コメント

No title

 ちょっと違うかもしれないけど、私も同じようなものです。

 なぜホラー映画というものがあるのか、わからない。お金を払ってまで、観る必要があるのか?
 観に行けば、必ず隣の女の子がしがみついてきてくれるんなら、まあ少しは行ってみる価値はあるのかな、と思う現実主義者です^^

2009-10-08(Thu) 01:31 | URL | みやた #-[ 編集]

No title

ホラー映画もその筋の人の技があるそうですね。
わかんないけど。
今の時代DVDがあるので、やっぱり慎重になってしまいます。

2009-10-08(Thu) 07:45 | URL | 天真爛漫子 #-[ 編集]

No title

そりゃ、ニッポン人の老化現象だよ!

かなりお疲れか?

2009-10-08(Thu) 15:22 | URL | Kaco #-[ 編集]

No title

うん、テンションあげなきゃだめだ!最近はノリとか、勢いとか、そういう力を大いに信じる。のりピーみたいにハイになりたいよ。

2009-10-08(Thu) 21:17 | URL | 天真爛漫子 #-[ 編集]

No title

うんうん、私も疲れる本や映画、あかんわ。自分のリアル体験だけで充分疲れるのに、なんで本や映画でまで疲れなあかんねんと思う。明るい気分にならしてくれるものがええわ。私も老化現象?

2009-10-09(Fri) 09:40 | URL | 高嶺の花 #-[ 編集]

No title

>高嶺さん

だよねー。現実でげっそりしてるから、映画見るときぐらい夢みたい。年寄りみたいだけど最近実感する。腹の底から笑う映画とか、現実離れして美しいとか、そういう映像をみせてくれないとやだ。

2009-10-09(Fri) 16:36 | URL | 天真爛漫子 #-[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ranmanko.blog62.fc2.com/tb.php/246-070e0498

プロフィール

天真爛漫子

Author:天真爛漫子
セザンヌの街、Aix en Provenceの旧市街が大好きなスイーツ脳の子育て主婦。最近は細々と仕事気味。

『マルセイユ&エックスのおされスポット』『グルメ』『チョコレート』『音楽イベント』『ムスリム』『移民』『iphone』『アフリカの仏語圏』『ワイン』『ヨガ』『食べていくだけの小商い』『毎日の食事』『ヨーロッパのイスラム』『男子の子育て』など興味あり。Twitterはkonaritsでおります。Follow-meです。

職歴としてワインアドバイザー&ときどきヘリコプター関連通訳。京都時代は大阪税関でも取り調べ現場通訳経験あり。守備範囲はワインからヘリコプターまで。こちらのこちらのプロバンス地方のお店やレストランの紹介もこれからやっていきます。よろしくお願いいたします。

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。