FC2ブログ

Twitter

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

まともな家庭の定義

ふと今日の日本語補習校で日本ママと話していて、フランスと日本の「まともな家庭」の定義が全く逆なんだと気がついた。

そう、「まともな家庭」ってなんなのさ?

なんだけど。

というのもそもそも専業主婦がほぼ全滅しつつあるフランスで、専業主婦が家にいること自体、「不安材料」、にされ「まともな家庭」とは呼べないと。彼女説。

そっか。

では、フランスにおいてまともな家庭とは、「パパママが共稼ぎで、子供は小さければヌヌに預けている状態」と定義づけていた。。パリに住んでいた経験のある彼女は、そういう人の方が職場でも普通にはなせるし、収入も安定していて子供の精神も安定しているというのだ。

そっか、収入と子供の成績は比例するものな。

お。やば。

つまり、おむつ換えだの、子供の面倒は、アウトソージングが基本で、アウトソージングできないほどの収入の人だけが自分でするから、家にいる。それは、「まともじゃないんじゃないの?」ってことね。頭の良い彼女に定義づけられ、なるほどなと思う反面、ショックというかなんというか。

私の子育てニート、いってられへんやん。やばいやん。

でも、一昔前まで日本じゃ、パパとママが共稼ぎで子供を夜遅くまで預けているというのは、逆の「不安材料」で非行に走るだの、虐待にあってないのか?と心配してくれるのだが、こういう保守オヤジな考えは2010年の今ではもう通じないのでしょうか。


そういえば今のフランスのティーンの子供たちを見て、アウトソージング育ちだからって一概に不良になるとは限らない。みんな不良だし。。と思うと、気が楽になったり。

それにしても、働いててもアウトソージング甲斐性のないワーキングプアーなあたしはどうなるのよ?

いろいろい考えるお年頃であります。

スポンサーサイト



2010-03-28(Sun) 00:53| 未分類| トラックバック 0| コメント 7

コメント

日本だと

考えさせられる・・・

今の日本でも専業主婦安泰なんてことは全くなくて、
いつリストラされるかもわからん、ってことは
かーちゃん働いてないことは十分な不安材料だもんな。

それに、かーちゃんが働いて、託児の雇用を創出するほうが
当然経済は回るし。

せやけど子どもを預けるためのしくみ(シッターとか保育園)が
まだまだ不完全なわけやん。
時々、子ども手当てより子育て環境の整備が先だろう、という議論があったけど、結局手当てが決まってしまった。

個人が家で2人くらいを見る「保育ママ」制度をなんとかしようとしてるらしいが、そんな簡単ではないと思う。

うちの自治体では0歳児は保育園じゃなくて区がバックアップする保育ママに預けることになってるんですが、足らないみたいよ。



2010-03-28(Sun) 14:43 | URL | まんたれい #15PeVwAY[ 編集]

No title

 いつから日本人は、一番手間のかかる子供時代を育てる事を放棄し、保育園なんぞに預けて、金かせぎに精出し始めたんでしょう。科学の最先端では、乳幼児は母親しか認識しなく、父親や代理では情緒面で何か重大な欠落が生まれるかもしれないと言って警告しているのにね。
昔,ヒットラーや共産主義のお人達は、各家庭の大事な子供を社会で育てると言って、全体主義に従うような子供を作り出そうとしました。
今,民社党の福島瑞穂なんかが同じ考えを薦めようとしてますね。
結婚して家事を受け持って子供を育てている妻と、金をもらい体を提供してその結果出来た「子供」を持つ愛人と相続は五分五分だそうな法律が通ろうとしている。
これ,通ったら結婚せずに別居でいて、子供生んで育てて、遺産を半分もらった方が、旦那の洗濯やご飯作らんでも良いし楽ですわね。

自分の子供は自分で育てようや。三つ子の魂百までといいます。乳幼児期は大切です。特に、母親は生後三年は専念する事が、子供の情緒知能を高めます。これは赤ちゃん研究最前線の結果報告です。日本で最近親殺し子殺し増えているでしょう。
江戸時代、ヨーロッパ人が日本に来て驚いた事。子供を中心とした国で、子供を大切にする国だと知った事。ヨーロッパ社会は、「社会に置ける子供の発見」といっております。それまでは子供は半人前で人間ではないという通念があたりまえであった。
フランスではその当時、包帯でミイラ状に赤子を巻いて放置し社交に出かけています。

2010-03-28(Sun) 16:46 | URL | 保守親父 #QfVI8dBA[ 編集]

No title

隣の国だというのに、まったく考え方がちゃうんよねえ。育児を外注?うーん、、、?もちろん、母親が「立派な」職の方は、それなりにソンケーされるかもしれんけど、、、、やはり、女は子育て優先の国、ドイツであります。いかに手作りで手をかけるかってところで判断されてるような気がする。職があろうとなかろうと。

2010-03-28(Sun) 16:57 | URL | 高嶺の花 #-[ 編集]

No title

子供三人育児中で中途半端なパートをしてます。しかし、家計は半分ずつです。
本気で働こうと思えばびっちり預かってもらえる保育園に預けないことには落ち着いて仕事ができない。急な発熱の時の呼び出し、両親共に働いているのに迎えに行くのはなんで母親なんだ?少なく見積もっても60㌫は母親が迎えに行って病院へ連れて行き、布団敷いて寝かせてると思うんだけど。
そもそも保育園に預けて、なんで働かなくてはいけないか?
子供を見てくれる人がいない。ジーちゃんバーちゃん、オジオバ一緒くたの世帯だった頃は誰かが見てた。兄弟も多く歳の離れた兄弟が見てた。兄弟同士で育った。近所づきあいもゆるく、みんなで子育て。
ニッポンはもともと共働きの国であって専業主婦なんて存在しなかったのに政治のつまらん駆け引きで専業主婦が生まれたと認識しています。専業主婦が成り立つ時代だったんだから作ったんでしょう。しかし今はいろんな意味で成り立たない。
生まれてすぐ誰に育てられようと、そこに母親のまなざしが子供に向けられ続けている間は大丈夫だと思うのが私の感想です。小学校に入って問題を起こしている子供の半分は専業主婦の子供で(実際私の体験です。)「どんなしつけしてけつかるv-42」と思えるほど思いやりも無く、想像力も無く、人のものを盗み、自分がよければみんながどうなってもかまわない、人の頭を足で蹴ろうが、蹴ったその先にある命が危険に晒される危機感もなし、大人のことを舐めきり叱られようが説教されようがあくびをかまし、追及されると嘘をつく。「お前は何様じゃ?」と聞けば(聞いたこと無いけど。)「長男様じゃ!」と答えそうなバカ息子。その母親、いくら学校に呼び出されても「悪いのは学校です、先生です。」とまるで被害者。不祥事の数々の中自転車の籠に菓子折り詰め込みはしご状態。謝りながら「さあ、謝ったんだからこの話はこれでおしまい。」といわんばかりの態度。挙句によその地域で嘘八百ならべたおし(骨折した子供のギプスを自分の手を怪我するくらい殴りつづけたバカ息子の行為は鉛筆でコンコンッしたら相手の父親にこっぴどく怒られたことになってた。あきれる。)それがみんなの耳に入ったって平気のへーのすけで生きている。
もう子供がどうしたら素晴らしく育つなんて三歳育児の域越えてます。こんな人の子供こそ、ヌヌーに育てて欲しかった・・・。
その母親、子供の姿が見えてない。自分の言うとおりにならなかったら目で睨んで言うことを聞かせる、親子が道行く時会話が無い、兄弟げんかで片方が首を絞められて泣いていても無視。
ふつー怒るだろ?首絞めたら・・・。ああ、父親は先生です、世間的に立派なんだそうです。私著書読みましたがろくでも無かったです。
とにかく、ヌヌーだろうが保育園だろうがおバーでもおジーでも、子供が育つ期間の中、たくさんの人が関わり、なおかつ、父親・母親である生産元が責任持って見つけ続け、その子供の生きていくための基準というものを示してやらんといかん!生産元がいない子供もいるでしょう。余計にみんなのまなざしを必要とするのが子供という生き物ではないか?生産元出しかできないことはないのである。

あと、男の都合で家にいさせたり働きに行けとか、正直うざい。
もっともらしい意味づけするより、「自分らしく生きる」とか「自分にあった仕事」なんてほざく前に、根性入れて働けv-42

2010-03-29(Mon) 07:18 | URL | ねーさん。 #-[ 編集]

No title

>まんたれい

私は定期的に、専業主婦と働くママチームのお母さんたちの間を渡り歩いてるのですが、最近はっと気がついた。ほんとに価値観逆です。正直ヌヌーに育てられてる子の方が強いんだよね。この年では。会話もできるし。なんか。大きくなったらかわるだろうけど、、専業主婦神話は、やっぱり男の妄想なのかもしれない。


>保守さん

そんないい旦那がいれば良いんだけどね。うんちやおむつの時期は過ぎましたが、汚いから手がかかるからアウトソージングしたいとかじゃないんです。そういうコミュニティがないから、して欲しいんです。逆にそんなお母さんばかりに任せてたら母がキレてます。乳母車を引いてるお母さんってみんな孤独なんです。幸せそうにみえますが、よーくかおをのぞき込んでみてください。意外と目が宙に浮いています。


>高嶺の花さん

ドイツはまだまだ専業主婦が市民権を得ていると聞いていますが。ほんとうなんだね。やはりフランスはミッテランからの社会党の名残なのかもしれない。共産党の国みたいにみんな働いてる。

2010-03-29(Mon) 19:46 | URL | 爛漫子 #-[ 編集]

No title

>ねーさん

四六時中動き回ってる自営業主婦の母に育てられたので、仕事と家庭の区別もなく大きくなってしまったが故に、「会社」と「家」が分かれてる近代的な働き方に憧れた時期もありましたが、結局区別のない生き方が一番私にあってるような気が。

今も自営業の兄は、帰省の時期に新幹線に並ぶようなサラリーマンに憧れてると言ってた。(妹ながらかなりチープな夢だと思ってた)

ただ、自称ニートの場合は、とても時間管理が大変。だれか時間割コントロールをしてくれるコーチ?なり、少人数グループで働くようなスタイルが実は望ましいと思う。

2010-03-29(Mon) 20:21 | URL | 爛漫子 #-[ 編集]

No title

一部の方が書かれている、専業主婦の子供ほど問題を起こす?という事ですが、専業主婦の圧倒的に少ない中で、その子供が問題起こすもとが専業主婦家庭なんですか?モンスターファミリーは、「私が,俺が」のミーイズムから来ているのではありませんか。
孤独が何でそんなにつらいの?人間本来一人です。コミュニティが欲しいのです?
親元はなれたい独立して一人暮らししたい、発情して子供出来てコミュニティから離れて一人になってまた、コミュニティ欲しい?変じゃありませんか。お家に帰ったら昔からの共同体はあります。

2010-04-02(Fri) 07:13 | URL | 保守親父 #-[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ranmanko.blog62.fc2.com/tb.php/289-eeb5c3b7

プロフィール

天真爛漫子

Author:天真爛漫子
セザンヌの街、Aix en Provenceの旧市街が大好きなスイーツ脳の子育て主婦。最近は細々と仕事気味。

『マルセイユ&エックスのおされスポット』『グルメ』『チョコレート』『音楽イベント』『ムスリム』『移民』『iphone』『アフリカの仏語圏』『ワイン』『ヨガ』『食べていくだけの小商い』『毎日の食事』『ヨーロッパのイスラム』『男子の子育て』など興味あり。Twitterはkonaritsでおります。Follow-meです。

職歴としてワインアドバイザー&ときどきヘリコプター関連通訳。京都時代は大阪税関でも取り調べ現場通訳経験あり。守備範囲はワインからヘリコプターまで。こちらのこちらのプロバンス地方のお店やレストランの紹介もこれからやっていきます。よろしくお願いいたします。

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。