FC2ブログ

Twitter

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

モナコ海洋博物館

sIMG_0484_20100413075844.jpgsIMG_0493_20100413075843.jpg
お出かけ親子みたいですが、ほんとに、お出かけが好きなあたしたち。今回は頭を東に向けてモナコの海洋博物館へ向かいました。

闘牛の次は、水族館。子供たちはなかなか喜んでおりましたが、この美術館でやっておりました、ダミアン・ハーストさんのわかりやすいキッチュな現代美術展も見ることができ、得した気分。

現代美術をこれだけことこまかに、説明してくれたお姉さんがいたのも、なんか観光地らしくてよかったです。消費する美術みたいで。ガイドさんは「マルセルデュシャンをしってますか?」と聞いてくるんだけど。「便所のおやじ」という答えを待っていたのか。
ま、どうでもいいんだけど。とにかく、現代美術っておされ!なのです。気持ちね。なういの。HM着てるあたしとおなじよ。ののり。



さて、この博物館は実は初めてなのでかなり期待していきました。というのも、あの荒俣修が日本のテレビでかなり褒めていたを10年ほど前に見ていたからです。かなり悪趣味な演出のテレビでしたが、実際はそこまで悪趣味ではなく、ダミアンハーストの展示の方が悪趣味でした。てか、これって芸術なん?

これ言うのなら「身体の不思議展」も芸術やん。

どうでもいいけど。

ありがたいものは庶民はみなあかんねん。

今のアルベールのおじいちゃんがかなり海洋学の勉強をなさった方らしく、彼曰く、「アートとサイエンスの融合」らしいですが、実際は、お城と科学と芸術と遊園地(水族館)を会わせたようなかなり不思議な空間でした。


そうなんだ!だからモナコが赤マグロ反対だったのね。といきなり頭の中で「がってんがってん」してたのは私だけ。


ただ、これを見てしまうと、やっぱり京都の梅小路に水族館を作るのは無謀だとしか思えないですね。

意図がない。というか。

企業の意志であっても、ウォークマン作りに尽力した音楽家を目指してたソニーの創始者たちとかとはなんか話がちがうわけで。。。

と。海の男、裕ちゃんや、慎ちゃんにてんと縁のない私でさえ海に憧れさせてくれる空間でございました。あたしはどちらかというと、紅の豚派なので。

そういえば、東京都知事はグリンピースやシーシェパードの活動についてどんな発言をしているのだろうか?いろいろ世界はつながっているんだと、私には全然生活感のないモナコの街角で考えたのでした。



スポンサーサイト



2010-04-12(Mon) 23:45| Sorties(遊山)| トラックバック 0| コメント 2

コメント

No title

荒俣修?荒俣宏でっしゃろ。
水族館は19世紀ロンドンのリージエント公園内で海水と淡水を展示したのが始まり。後に魚を入れて魚族館となって日本では水族という言葉があったので水族館と訳したようです。
とにかく西洋人にとっての海の発見は19世紀以降です。海は魔物が棲む所と考えられていたから、わずかの魚介類以外興味もなかった。
シーシェパードのおっさんは日本で裁判中、世界でも例のない、捕ったものに対しての慰霊の場,鯨を祭った神社とか,豆腐塚とか針塚とかを見せてやったら,自分らの偏狭な宗教観を見つめ直すきっかけとなるかもしれない。
戦前からずっと続いている、日本たたきの一環である事を石原慎太郎は知っているでしょう。今回のトヨタも同じパターンです。
マグロを回避出来たのは、中国が多大な消費をしているからで、日本人がよくやったというのはあたらない。
今の民主党政府は世界の笑い者でアメリカの新聞にひでーことをかかれて、ハトは嫌いだけど、日本人としてそこまで書くかと言うくらいの内容でした。

2010-04-16(Fri) 16:59 | URL | 通りすがり #98Ss3s/Q[ 編集]

No title

あのでっかい荒俣先生です。なんかね。
こわいビデオ見てからまじでお肉食べてない。お魚ばっかり食べてるんだけどお魚の洋食もすごいことになっているし。もう。何を食べて生きていけばいいのやら。

2010-04-23(Fri) 21:36 | URL | 爛漫子 #-[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ranmanko.blog62.fc2.com/tb.php/294-7646ae8b

プロフィール

天真爛漫子

Author:天真爛漫子
セザンヌの街、Aix en Provenceの旧市街が大好きなスイーツ脳の子育て主婦。最近は細々と仕事気味。

『マルセイユ&エックスのおされスポット』『グルメ』『チョコレート』『音楽イベント』『ムスリム』『移民』『iphone』『アフリカの仏語圏』『ワイン』『ヨガ』『食べていくだけの小商い』『毎日の食事』『ヨーロッパのイスラム』『男子の子育て』など興味あり。Twitterはkonaritsでおります。Follow-meです。

職歴としてワインアドバイザー&ときどきヘリコプター関連通訳。京都時代は大阪税関でも取り調べ現場通訳経験あり。守備範囲はワインからヘリコプターまで。こちらのこちらのプロバンス地方のお店やレストランの紹介もこれからやっていきます。よろしくお願いいたします。

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。